【京都・出町柳】ありそうでない牛乳カフェ「GREEN FARM」で牛乳の楽しみ方を再発見してきた。

スポンサーリンク

牛乳がこんなに楽しめるものだなんて、知らなかった。

どうも。岡崎さとしです。今日も元気にホームレスやってるよ。

(いや誰だよ?という方は>>こちら

京都の牛乳カフェ「GREEN FARM」に行ってきました。

ここ、雰囲気よくてすごく気に入ってるんだよ。

小さなお店で混んでほしくないから、ほんとは教えたくないんだけど笑

出し惜しみするのはもったいないから、こっそり紹介するよ!

スポンサーリンク

京都・出町柳の牛乳カフェ「GREEN FARM(グリーンファーム)」の場所

牛乳カフェ「GREEN FARM(グリーンファーム)」は京都市の出町柳にあります。

そういえば、牛乳が専門のカフェって見かけたことないよね。

もしかすると、GREEN FARMだけかも。

京都・出町柳の牛乳カフェ「GREEN FARM(グリーンファーム)」の外観

GREEN FARMの外観はこんな感じ。

牛乳専門のカフェGREEN FARMの外観

こざっぱりとしていて爽やかな気分になれますね。

正面にはテイクアウト用のカウンターが設置されています。

京都・出町柳の牛乳カフェ「GREEN FARM(グリーンファーム)」の店内

GREEN FARMの店内の様子。

牛乳専門のカフェGREEN FARMの店内

  • カウンター5席
  • 4人掛けと2人掛けのテーブルが1脚ずつ
  • 育児スペース

軽く談笑できるくらいの静かさなので、へんに気をつかわずにのんびりできたよ。

京都・出町柳の牛乳カフェ「GREEN FARM(グリーンファーム)」のメニュー

GREEN FARMでは、地域で搾乳した8種類の牛乳から好きなものと選んで飲むことができます。

8種類の牛乳の中から好きなものを選べるよ!

    • 北アルプス・・・すっきりした飲みごたえ
    • ノンホモ飛騨・・・搾りたてに近いクリーミィな味わい
    • 飛騨の郷・・・濃厚な味わい
    • 美山牛乳・・・昔ながらのコクのある牛乳
    • ブラウンスイス・・・ノンホモ、放牧牛の自然な味わい
    • 木次パスチャライズ牛乳・・・すっきりとした飲みごたえ
    • 山田牧場・・・ノンホモ、搾りたてに近いクリーミィな味わい
    • 牧場まるしぼり牛乳・・・濃厚な味わい

「ノンホモ」ってなに?

ちょいちょい出てくる「ノンホモ」っていうのは、ノンホモジナイズの略。

「のんほもじないず?なにそれ?」って感じだと思うので、ざっくり説明します。

普通の牛乳は、搾りたての牛乳に含まれる脂肪分をかくはんして均一にする作業「ホモジナイズ」をしてから製品にする。

そうした方が運ぶときに品質が落ちにくいからなんだって。

これに対して、「ノンホモジナイズ」は「ホモジナイズしない」しないってこと。脂肪分の均一化をしてない状態を指すんだ。

流通には不向きになるけど、かわりに牛乳本来のうまみを感じやすくなるんだって。

おいしいけど、流通しにくい。それがノンホモ牛乳なわけだ。

言い換えれば、「ノンホモ牛乳は、GREENFARMのような牛乳の専門店でしか飲めないよ!」ってこと。レアキャラ!

ホットミルクを注文。

この日はそこそこ寒かったので、ホットミルクを飲むことに。

「どれがホットミルクに向いてます?」と店主さんに聞いたら、

『ノンホモ飛騨』と『山田牧場』を勧めてくれた。

なので今回は『山田牧場』を注文しました。これもノンホモ。

ホットミルクを注文すると、店主さんがバリスタのごとく手慣れた手つきで温めてくれます。

かっこよく牛乳を温める人って、そうそういないよね。

ホットミルクは注文ごとに店主さんが温めてくれます

鍋に火をかけ、温度計ではかりながら、ホットミルクに最適とされる65度にじっくり加熱。

そうして出された牛乳には、レンジでチンしたときにできる膜がありません。

じっくりと65度に温められた牛乳

うん、いい温度。

GREEN FARMの牛乳は、このほかも全体的にすっきりとした味わいのものがそろっています。

牛乳もクリームのように濃い、というよりは、後味さっぱりで気分がほっこりできる味わい。

受験生が夜なべしてるときの飲むホットミルクのような、張り詰めた心をほぐす力があります。

後味すっきりでほっこりとする味わいのホットミルク

ホットミルクは、プレーンだけでなく

    • はちみつ
    • 黒みつきなこ
    • ジンジャー

といったバリエーションも楽しめるよ。

黒みつきなこなんて反則わざじゃないか・・・。

ソフトクリームも癖になる甘さ。

ソフトクリームも注文してみました。プレーンが売り切れだったので、今回はコーヒー。

コーヒーの味がしっかりとして、甘さもすっきりなソフトクリーム

銭湯で飲むコーヒー牛乳をそのままソフトクリームにした感じっていうのかな。

あ、銭湯のコーヒー牛乳って入っても、甘くないタイプの方ね。きちんとコーヒーの味がする方のやつだよ。口の中に甘ったるさが残らないすっきりとした後味。

デザートも手作りの優しい味だった。

GREEN FARMでは、デザートも食べることができます。

店主のパートナー・加予子さんはパティシェ。彼女の作るシフォンケーキは、よけいなものを一切使っていない。シンプルな味わいを楽しむことができました。

パティシエの作るシンプルなおいしさが魅力のシフォンケーキ。

甘すぎるのがニガテな僕でもパクパクと食べてしまう、優しい甘さ。よきよき。

牛乳と一緒に食べたくなる。きっと計算されてるんだろうなぁ。

京都・出町柳の牛乳カフェ「GREEN FARM(グリーンファーム)」の営業時間

GREEN FARMは、閉店時間がちょっと早め。

【営業時間】

  • 火曜・水曜・金曜 10:00-19:00
  • 土曜日 11:00-18:00

あと、大型連休の時はイベントに出店してたりして、臨時休業してることもあります。僕は運悪く2回連続でおやすみにぶつかりました笑

確実に来店したいときは、事前にFacebookページをチェックしてから行くとイイかも。

京都・出町柳の牛乳カフェ「GREEN FARM(グリーンファーム)」で牛乳のおいしさを再発見しよう。

今回は京都の牛乳カフェ「GREEN FARM」の紹介をしたよ。

牛乳ってめちゃくちゃ身近な飲み物だけど、それを専門に扱ってて、しかもカフェにしちゃってる店って珍しいよね。

牛乳配達のお店をしていた店主、すごくいい方向にビジネスを展開したなあって思う。

牛乳をあえてお店で飲むという体験。新鮮だったなぁ。

もっと店主の話を聞きたい。またいこう。

スポンサーリンク

関連コンテンツ