牛乳の価値を5倍に。牛乳屋さんの営むカフェに学んだ「体験の価値は偉大だ」という話。

スポンサーリンク

体験は大きな付加価値になる。

どうも。岡崎さとしです。今日も元気にホームレスしてるよ。

(いや誰だよ?という方は>>こちら

京都にある牛乳専門のカフェ「GREEN FARM(グリーンファーム)」に行ってきたんだけど、そのときふと思ったんだ。

さとし

牛乳1つでここまでビジネスを広げたなんて、すごいな。

って。

牛乳に限らず、焼き鳥屋とか、ラーメン屋とかさ、飲食店はあるわけだけど。

牛乳に特化したお店って初めて見たから、改めて考えさせられるきっかけになったんだ。

冷静に振り返ってみると、飲食店のようにシンプルな商品でビジネスを成立させてるって、実はすごいことなんだよなと。

1つのビジネスを回してるってそれだけですごいことだと思う。自分で始めてからなおのことね。

スポンサーリンク

日常生活から考えれば、コップ1杯200円は高い。

牛乳って、スーパーに行けば「1リットルの紙パックで」200円前後で買えちゃう商品なわけだ。

ところが、GREEN FARMさんではコップ1杯200円で売れている。

つまり、普段売られてる牛乳の5杯の値段になってるんだ。

これがスーパーで「牛乳1杯200円でーす」といわれたら、「ぼったくりだ!」と言われてしまう。

そう言われず、むしろ喜んでみんながお金を出すのはなぜか。

それは、「この商品になら200円払ってもいいな」と思わせるだけの「付加価値」をつけることができてるからなんだ。

商品には「原料」「製品」「サービス」「体験」の4つの状態がある。

じゃあ、どうやって付加価値をつけるかというと、「体験」をくっつけるのが1番なわけだ。

商品には大きく4つの状態がある。

  1. 原料・・・原材料そのままの状態。牛乳でいえば、搾りたてでパック詰めする前のもの
  2. 製品・・・原料を加工した状態。牛乳でいえば、紙パックや牛乳瓶に詰めてパッケージされたもの
  3. サービス・・・特定の場所で製品を提供する状態。牛乳でいえば、喫茶店で出されるもの
  4. 体験・・・消費者自身も商品に関わる体験をする状態。牛乳でいえば、乳搾り体験、おいしいホットミルクを入淹れ方講座など

GREENFARMさんは「お店で牛乳をとことんこだわって飲む」という「体験」を売っている。

GREEN FARMさんの場合は、お店で牛乳を出してもらうわけだから、主にサービスにあたる。

そこにメニューのバリエーションやトッピングでオプションを組み込むことで、さらに価値を高めているんだね。

「1杯ずつ目の前に温めてもらう」ことのできるホットミルクなんかは、「体験」に近い状態といえるかも。

同じ飲みものでも、「レンジでチンして出される」よりも「65℃を温度計で測りながら、火を使ってじっくり温めてもらえる」のでは、まったく価値の感じ方がちがうわけだ。

一件「1杯ずつ温めるなんて非効率だ」と思うかもしれないけど、その「非効率性」にこそ価値がある。

GREEN FARMさんは、牛乳という飲みものを売ってるんじゃなくて、「お店で牛乳をとことんこだわって飲む」という「体験」を売ってるんだね。

これが、牛乳の値段が高くても買いたいと思われる理由なんだ。

これは多くのビジネスに当てはまることだよ。

原料と体験の価値の差は数十倍。

原料と体験の価値の差は数十倍以上にもなるんです。

実際、牛乳でもこれがあてはまってるよ。

原料はコップ1杯(200ml)2.6円といわれてる。これが製品になると100円。そしてGREENFARMさんのようなサービス・体験になれば200円。80倍近い差がついてることになる。

牧場で行われる乳搾り体験ともなると500円を超える。200倍以上の差が付くことになるよ。

体験はそれだけ、人が価値を感じるものだということがわかるね。

個人で戦うなら製品を売るのではなく、体験を売ろう。

モノはあふれてる時代だ。新しい製品はどんどん真似されて陳腐化してしまう。

僕のように小さな事業を営む人たちは、資金力で大手に勝てないから、量産して売りさばくことはできない。「製品」で戦うのは厳しいわけだ。

買うだけでは手に入らない、知っただけでは手に入らないもの。つまり「体験」という要素が必要なんです。

体験を売れば、僕らが希少性を生み、高い価値を持たせることができる。

牛乳というシンプルな商品も大きな価値を与えた、GREEN FARMさんのように。

牛乳配達よりも付加価値のあるサービスを提供したという意味でも、

僕らに牛乳の奥深さを伝えるという、新しい提案もしてくれたという意味でも、

GREEN FARMさんは、本当にすばらしい舵取りをしたんだなあって思った。

僕らも学んでいこう。

スポンサーリンク

関連コンテンツ