速度制限なしで違約金なしのポケットWi-Fiを愛用中。これはおすすめだ。

さとし
毎月の速度制限と違約金のストレスから解放されたくない?

どうも。家を断捨離してゲストハウス暮らしを始めた岡崎さとしです。

(いや誰だよ?という方は>>こちら

今回は、僕が半年以上使ってるポケットWiFiのことを話すよ。

ポケットWi-Fi選びで僕が困ってたこと

僕はポケットWi-Fiについて、こんなことに悩んでいました。

  1. Wi-Fi使いたいけど、いつやめるかわからない。なので違約金がかかるのはイヤ
  2. 動画も見たいので、3日で10ギガのような制限もかかるのが心配
  3. 公共Wi-Fiを使うのはセキュリティ上不安だし、探すのがめんどくさい
  4. スマホで使えるデータ量だけでは全然足りない。でも家のない暮らしだから、固定回線は引けない。

で、上のような悩みを解決してくれたのが、『民泊Wi-Fi』だったんだ。

 

データ使用量が無制限、60ギガ使っても速度制限なしでサクサク動く

下の画像は栃木県で(市町村名はぼかしてます)iPhoneの速度計測アプリを使い計測したデータ。

これ、僕が実際に動画流しまくって確かめてみたんだけど、60ギガ使っても速度制限にはなってません。4G回線でサクサク通信できてる。

60ギガって言うとわかりづらいかもしれないね。だいたい、YouTubeをHD画質で60時間見られるくらいのデータ量だよ。標準画質(360pbs)だったら倍の120時間は見られる。これってかなりのデータ量じゃないかな。

「3日で○○ギガ」のような速度制限なし

データ量無制限のWi-Fiで落とし穴なのが、「3日で10ギガ」といった速度制限の存在。

よっしゃ無制限だー!と調子に乗って1日に動画観まくったら、「3日で10ギガ」のルールに引っかかって速度制限、なんてことが起こるんだよね。

民泊Wi-Fiには3日で10ギガのようなルールはないよ。

僕は一度、動画を垂れ流しちゃって1日に10ギガ以上使っちゃったことがあるんだけど、それでもぜんぜん問題なく動いてた。

万が一制限かかっても代替機を送ってくれる

1日に数十ギガ使ったりすると、場合によってはソフトバンク側で制限をかけてくることがあるみたい。

でも、その場合はきちんと代替機を送ってくれるよ。

もちろん到着には1〜2日かかってしまうけど、その月はずっと制限かかったまま生活しなくちゃいけないということは回避できるから安心。

いつ解約しても違約金が発生しない!

よくあるのが、

「一度契約したら2年間は違約金が発生する」

ってやつ。

スマホならずっと使う予定があるからいいけど、ポケットWiFiって使い続けるとは限らないよね。2年縛りがあるのは不便だ。

民泊Wi-Fiには2年縛りがないから、

使いたいときに契約して、使わなくなったらやめる

が気軽にできる。

再契約時に追加料金が発生するなんてトラップもないよ。

安心して解約できるってわけ。

このへんも、僕が民泊Wi-Fiを使っている理由だ。

ストレスなく持ち運びできる大きさ

僕はスーツケース1つとデイパック1つで生活してるので、あまり本体が大きいモノはストレスになる。

民泊Wi-Fiはカードケース一枚分くらいの大きさなので、カバンに入れれば持ち運ぶときにストレスはない。ポケットだとすこし重量感を感じるものの、重さは大体ほかのポケットWi-Fiも同じなので許容範囲かな。

民泊Wi-Fiはこんな人におすすめ

違約金なしでデータ使用量無制限の「民泊Wi-Fi」はこんな人におすすめだと僕は思った。

  1. 他のポケットWi-Fiの違約金や年縛りがストレスを感じてる
  2. 外出時にネットをつないで仕事する機会が多い
  3. 外出先でも動画を観たい
  4. 国内の出張や旅行が多い
  5. 外出の時間が長く、家でネットを使う機会が少ない
  6. セキュリティが心配だから外出先でフリーWi-Fiを使いたくない
  7. 公共WiFiのセキュリティ環境に関して知識がない
  8. スマホを大手キャリアで20ギガ以上の大容量プランを契約してるが、それでも物足りない

民泊Wi-Fiに対するQ&A

ここでは、民泊Wi-Fiに関する疑問に対して、現利用者である僕が答えるよ。

 

Q.民泊って名前だけど、個人でも使えるの?

さとし
A.個人でも関係なく使えるよ!

かくいう僕も個人契約。民泊の人をメインターゲットにしてるから「民泊」というネーミングが使われてるだけ。

個人契約だと高くなるなんて心配もないよ。

Q.本当に速度制限はないの?

さとし
A.1日で数十ギガ単位で使うとキャリア側から通信制限かけられる可能性はあります。

けど、万が一制限かかった場合でも、代替機を送ってもらえるよ。1〜2日で届くからそんなに不便はないはず。

ただまあ、「毎月のように100ギガ以上使うし、代替機を待つのはイヤだ!」って人は、おとなしく固定回線引いた方がいいかな。

Q.繋がらない地域が多いんじゃない?

さとし
A.ソフトバンク回線を使ってるから、ソフトバンクの電波が入るところならどこでも大丈夫だよ。

サービスエリアマップで確認してみて。

Q.海外旅行時にも使える?

さとし
A.残念ながら海外は対応してないよ!

もし海外でWifiをつかいたいなら、海外利用特化型のポケットWifiを使おう。

僕が海外対応のポケットWiFiを使うならイモトのWifiかな。

理由は、

  • 200以上の国と地域で使える
  • LTE対応地域がある(韓国、中国、アメリカ、イタリア、イギリス、ドイツ、フランス、タイ、インド、インドネシア、シンガポール、台湾、香港、オーストラリアから順次拡大中)
  • 機器が宅配・店舗だけでなく、空港カウンターで受取・返却できる

から。

海外出張が多い人、海外旅行が多い人はこっちを利用しよう。

Q.契約してすぐやめたくなったらどうしよう…。

さとし
A.違約金も2年縛りもないからやめちゃっても大丈夫。

「もっと自分に合ったWi-Fiが見つかったらすぐに変えられる」安心感があるからこそ、結果的に僕は民泊Wi-Fiを長く使ってる。

Q.スマホとポケットWi-Fi両方契約したら通信費高くなるんじゃない?大手キャリアの大容量プランのほうがいいのでは?

さとし
A.ポケットWiFi+格安SIMの組み合わせのほうがお得です。

【ドコモの場合(ウルトラデータパック(20ギガ)+音声通話料金(2年定期契約、家族内無料通話プラン))】

  • 6,000円+980円=6,980円(税抜)
  • 超過分は1GBあたり1,000円で購入
  • デザリングは1,000円/月

 

【LINEモバイルコミュニケーションプラン(3ギガ)+民泊Wi-Fi】

  • 1,690円+4,500円=6,150円(税抜)
  • 追加料金は一切なし(民泊Wi-Fiでデータ通信した場合)
  • 民泊Wi-Fi本体が1台あればPC・スマホ・タブレット全ての機器を接続できる

僕はLINEモバイル+民泊Wi-Fiという組み合わせなんだけど、とても相性いいなあと思ってる。

なぜなら、2つの回線を利用できる状態にできるから。

LINEモバイルはドコモ回線で、民泊Wi-Fiはソフトバンク回線。

どちらかの回線につながらなくなっても、もう一方で通信できる可能性がある。

通信できない状況を生じにくいというわけだ。

ちなみに、LINEモバイルはSNS(LINE・Twitter・Facebook・Instagram)利用時にはデータ量をカウントしないから、格安SIM単独としてもおすすめだ。

違約金なしデータ使用量無制限の民泊Wi-Fiで速度制限の不安から抜け出そう!

旅にはWi-Fiは必須アイテム

僕はこの民泊Wi-Fiを使って本当に良かったと思ってるよ。

かれこれ6ヶ月以上使ってるけど、不便さをまったく感じたことはない。

もっと早く使っておけば良かったと後悔しているくらいだ。

あなたがもし、毎月の速度制限にビクビクしながら生活してるなら、思い切って民泊Wi-Fiに変えてしまおう。

さとし
僕は自信を持っておすすめするよ!

関連コンテンツ