青い熱量。の著者・岡崎さとしのプロフィール

はじめてこのブログを読むあなたへ。

s_image1-3

 

オフィスも家も持たずに生きるプロホームレス・岡崎さとしのプロフィール

特定のオフィスも家を持たずに生活するプロのホームレス。

現在は、ブログ運営とコンサルテンィングを中心に活動。

いつでもどこでも働けて、いつでもどこでも遊べるライフスタイルを研究している。

25万人(累計)に読まれるブログ「青い熱量。」を運営中。

独立するまでの半生

20歳のとき「このままなりゆきでサラリーマンになるのはイヤだ…」と感じ中退。手に職つきそうだという理由で理学療法士の資格が取れる別の大学に編入

しかし編入後、病院実習をするうちに「これから一生、病院という狭い空間に通う生活しつづけるのか…」という未来に違和感を感じる。

加えて、ニガテな分野が多く成績も不振。周囲には落ちこぼれのレッテルを貼られ、ストレスで1ヶ月に5キロ以上体重が減ることもあった

それでも、

一度大学を辞めてる自分にはもう逃げる権利などない

と言い聞かせ、歯を食いしばってなんとか免許を取得。大病院への就職に何とか成功。

自分の人生をリセットできると信じて社会人生活をスタートする。

しかし、命に関わる現場でニガテを抱えて働くことは致命的な問題だった。

プレッシャーに押しつぶされ、あるとき業務中に大失敗をおこす。幸いだれにも被害はなかったものの、ショックのあまりヒザから崩れおちて立てなくなる。そのまま、わずか1ヶ月で退職となる。

その後、他業界に再就職するも1年で退職。独立を考えるが、スキルもないのにうまくいくわけもなく、すぐに資金が底を突く。

やることなすこと空回りで、自分の甘さと無力さを骨の髄まで思い知った。

「おまえは社会のクズだ」

「おまえなんか死ねばいい」

と誰かに責められる夢を毎晩見るようになり、気がつけば涙ながらに「楽な死に方」を検索するように。

かろうじて

「あ、ほんとにこのままじゃ死ぬ。」

とわれに返ったため、真剣に自分の生き方を見直すことにした。

過去の失敗からわかったのは、

  1. キライでニガテなことをガマンして続けても報われない
  2. 決まった場所に留まって生きることはむなしい
  3. 誰かに時間を支配されて働くのは辛い
  4. 自分で稼ぐ感覚のない仕事は苦しい

ということだった。

となると、自分が生きていくためには

  1. キライでもニガテでもない範囲のことで
  2. 場所にも時間にもとらわれず
  3. 自分で稼ぐ

という3つの条件を満たす働き方をしなければならない。しかも、

お金もスキルもないところからのスタートできること

という制限つきで。

われながら「無謀だな」と思わず笑ってしまったが、やるしかないので調べてまわる。

条件を満たすような働き方はいろいろ調べ、「ネットを使った仕事を作るしかない」と決心。

とはいえ、ネットに関する知識なんて全くないから、とにかくいろんなことに手を付けてみる。

  • ネット物販
  • アフィリエイトサイト構築
  • WEB家庭教師

など、ネットでできることを試しては挫折をくり返す中で、最終的にたどり着いたのがブログだった

2016年4月、ブログ「青い熱量。」を立ち上げる。

ブログ開設から約3ヶ月は収入ゼロで、はじめて収益を上げたときの時給は『0.14円』

愕然としたけど、自分の体験や考えをお金に変えられることに楽しさを感じたため、あきらめずに試行錯誤を重ねながら継続。

その甲斐あって、2017年8月までに

  • 30万円以上の収益
  • 20万PV(累計)

を達成できた。

2017年9月。本格的にブログを中心とした仕事で生きると決意し、フリーランスとして独立。

2017年11月から、活動範囲を広げるべく家を持たない生活を開始した

 

今後は「おまえはいつみても遊んでるようにみえるな」と言われるような人生を過ごしていきたい。

僕は時間をかけて取った資格を捨ててしまったけれど、そのおかげで本当に自分に合った働き方を考え、着実に作り上げることができるようになった。

僕はこれからもっともっと、自分らしい働き方を実践していきたい。実践することで、同じように暮らしたい人の道しるべになるはずだと信じている。

 

さとし』という人間を構成している3つの要素

s_image1-4

要素1.表現すること

もともと、目立って注目の的になるのは苦手だけど、自己表現すること自体は好き。一人で勝手に何かに挑戦しているタイプだ。

ブログやスマホ写真のように、自分の内側にあるものを形にすると、とても満たされる。

どんな形であれ、今後も一生、自己表現というものは続けていきたい。

要素2.旅

旅といっても、規模は問わなくて、「ひとつ隣の路地に行ってみる」くらいでもオッケー。

「同じ場所(行動範囲)にとどまらない」というのを満たしたい。

その理由は3つ。

1.自分が知らないことに気付きたいから

人間は環境に流されやすい生き物。

同じ場所にいる限り、同じ価値観・常識・情報に縛られてしまいます。

見栄や既存の常識にとらわれて、視野を狭めてしまうことになる。

ぼくは視野を狭めたくない。

2.死ぬまでの時間を長く感じたいから

年齢を重ねるたびに気付く、日増しに時間の流れが速くなっていくこと。

ぼくはとてもそれが怖いので、加速する時間の流れに少しでも抗っていたいと思ってる。

毎日を新しい体験、新鮮な体験にしていけば、時間の流れを緩やかになる。

旅は、そのためのツールとして必要。

3.同じ場所に居続けるのが苦痛だから

単純にこれ。同じ場所にとどまるのが本当に嫌い

学校や会社を往復する日々を、数十年続ける…そんなことを考えただけで気が狂いそう。

要素3.卓球

ぼくにとって卓球は、もはや趣味というより生活の一部。

病んでたとき以外は、どんなに忙しくても、定期的にラケットを握ってきた。そうしないと他のことが全く手につかなくなってしまうくらいの、いわば卓球ジャンキーだ。

そのせいか高校時代はまぐれでインターハイに出てしまった経験もある。運動特待生でもないのに。完全に事件(笑)

 

と、だいぶ話が長くなってきたので、ここらで読んでほしい記事をどうぞ。

改めてごあいさつ

はじめまして!岡崎さとしです。

当ブログに興味を持っていただきありがとうございます。

僕は国家資格の理学療法士を辞めたことを期に、自分にあったワークスタイルを生み出すと決心しました。

  1. 向いていない仕事はしない
  2. 時間と場所にとらわれない働き方をする
  3. 自分で仕事を作る 

という3つの条件を満たすような生き方を実現にむけ、行動してきました。

その中で出会ったのがブログです。

ブログは、

  • 自分の体験や考え方を記録するうちに、やりたいことが見えてくる
  • 発信を続けることで読者を増やし、ファンを作れる
  • ネットをベースに収益化するので、時間と場所にとらわれない

という、とても便利なツール。

僕は元手がいらないという理由で始めたのですが、結果的に自分のライフスタイルの実現に役立つものとなりました。

そして、今後も武器として役立ってくれると確信しています。

そして2017年11月からは、活動範囲を拡げるために拠点を持たない生活を始めました。

自分の目指すライフスタイルの実現とともに、同じ思いを持つ人たちの背中を押せるようになっていきたいと思っています。

スポンサーリンク

ブログで発信すること

当ブログでは、

  1. やりたいことを仕事にする
  2. 自分に合った働き方を考える
  3. ブログ運営

を研究し、発信しています。

こちらのメディアでも情報発信しています!

ブログの他にも、SNSで発信を行っています。

僕の考え方や活動に興味を持っていただけたなら、ぜひのぞいてみてください。

  1. Twitter 思ったことなんかをつぶやいています。ブログの更新情報もこちらからどうぞ!
  2. LINE@ さとし』に無料で質問できます。ブログのこと、働き方のこと、気軽に聞いてくださいね。
  3. insidesatoshi(Instagram) スマホで撮った写真をアップしてます。
  4. note 運営報告はこちらで公開中!

メッセージはこちらから。

記事の感想やメッセージ、さとし』に聞いてみたいことやお仕事の依頼は以下のメールアドレスに直接お問い合わせください。

お返事は2日ほどいただいておりますが、すべてしっかり拝読させていただきます。

  1. メールでのお問い合わせ
  2. LINE@からのお問い合わせ

 

タイトル「青い熱量。」ってどういう意味?

cropped-3c75dcf2ecb27b9cb08c61a9b45af596-2.png

はい、たしかに意味不明ですね。この機会にちょっと説明させてください。

「青い熱量。」とは、

「静かだけど、見かけ倒しでない情熱や努力を注ぐ」という意味を込めています。

熱さって言ったらふつうは「」ですよね。

情熱といえば赤、炎といえば赤。

でもじつは、赤い炎より青い炎のほうが熱いんです。

理科でやったかもしれませんね、覚えてます?

キャンプファイヤーなどの赤い炎は、見た目は派手。

しかし、温度はせいぜい800~900度なんですよ。

それにたいして、ガスバーナーの青い炎は、見た目は地味で静かですが、1500度~1900度もあるんです。

夜空の星も同じ。

アンタレス、ペテルギウスなどの赤い星は老いて温度が低い。

対して、青い星のシリウスやプレアデス星団(すばる)は、若くとても温度が高いのです。

落ち着き払ったように見えて、

ほんとうにエネルギーに満ち満ちているのは、青

これは、僕の目指す姿を表していたりします。

僕は、いわゆる内向型人間

大勢でウェーイとか、そういうのが苦手です。

人と交流するのが嫌いなわけではないんです。ただ、大勢の人が集まる場所って、消耗する。

そのせいもあってか、やる気ないとか元気ないとか、言われることも多かったです。

でも実際は誤解でした。原因はただ、僕が表出しなかったから、というか、できなかったからなだけ。

「みんなでがんばろうよ!!」っていう学園祭ノリが、どうしても性に合わなかった。

たしかに、資本主義の世界においては、目立つ人間のほうが有利に働きます。

そんなこたぁわかってる。

しかし、静かな情熱を燃やす人間が活躍する機会があってもいいと思うんですよね。

内向型の人間が立てる舞台のあり方を、このブログで示していきたい。

このブログタイトルには、そんな願いが込められています。

 

プライバシーポリシー

当ブログでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、Amazonアソシエイト等のアフィリエイトリンク)を利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

スポンサーリンク