やりたいことがないあなたがブログをはじめるべき5つの理由

ブログは万能ツールだ!

スポンサーリンク

 

どうも。さとし』です。

(いや誰だよ?という方は>>こちら

今日は、やりたいことがないのなら、とりあえずブログ書きはじめるといいよ!って話をします。

「なんで?ブログなんてめんどくさいよ…」っていう前に1分だけ時間ちょうだい?ね?いまから理由を言うからさ。

 

僕はずっとやりたいことがなかった。

僕は典型的なやりたいことがない人間でした。

大学も中退してるし、国家資格も捨ててるし、1年以上続いた仕事がありません。

ただ、ブログだけは続いています。もうすぐ1年半。

今では毎月2万人以上の人がブログに来てくれるようになり、月に5万円以上のお金が稼げるようになった

ブログ書いてほんとに良かったなって感じてる。

でも、「ブログがやりたいことだった」ってことというと、そうじゃないんだな、これが。

むしろ、僕は「やりたいことがないから」ブログをはじめたんだよ。

 

僕がやりたいことがないのにブログをはじめたわけ

じゃあなんで、僕がブログを書き始めたのか。

それは5つのメリットがあると気づいたからなんだ。

結論から言えばこの5つだよ。

  1. 挑戦する習慣がつく
  2. 好きなことと嫌いなことが仕分けできる
  3. 自分の体験が誰かの役に立つ情報になる
  4. 自分のファンが生まれる
  5. 集客力になる

そしてこれは、やりたいことのないあなたがブログをはじめるべき理由でもある。

くわしく見ていこう。

スポンサーリンク

やりたいことがない人がブログをはじめるべき理由1.挑戦する習慣がつく

当然だけど、ブログを書こうと思ったら、なんかしらネタを探さなくちゃいけない。

となれば、日常的にいろんなことに挑戦したり、体験をする習慣がつくようになるんだ。

それは、べつに「世界一周する!」とか「ディズニー貸切にする!」とかでっかいことじゃなくてもいい。日常のことに変化をつけるだけでも大丈夫

 

やりたいことがない人がブログをはじめるべき理由2.好きなことと嫌いなことが仕分けできるようになる

そうやって日々何かに挑戦するっていう習慣を続けていると、

「あ、これは楽しいな」ってことと「これはマジつまんねーな」ってことが見えてくるよね。

好きなことと嫌いなことの仕分け作業ができるってこと

やりたいことっていうのは、試してくうちに見つかるんだよ。

やりたいことがない人がブログをはじめるべき理由3.発信したことが誰かの役に立つコンテンツになる

自分の体験を発信すると、これから同じ体験をしようとしてる人にとっては有益な情報になる。

例えばこの記事もそうだよね。
「やりたいことないけど、何かに挑戦しようという気はある。でも何したらいいか迷ってる」って悩んでた自分の経験を書いてる。

体験といったって、
「やることないからブログはじめた。そしたらやりたいことが溢れてくるようになった」
ってかなりスケールの小さなこと。

それでも、あなたにとって僕の記事は参考になってるわけだ(よね?笑)。

こんなふうに、書く内容は小さなことでもいいんです。

大切なのは、その体験を役立つ情報として発信できるかってとこなんだよ。

あわせて読みたい

ただの日記を価値あるブログ記事に変える方法(準備中)

スポンサーリンク

やりたいことがない人がブログをはじめるべき理由4.発信したことが誰かの共感を呼び、ファンが集まってくる

繰り返し価値ある情報を発信してくうちに、

「この人のところに来ると役に立つ情報が得られる!」

と思ってもらえるようになる。

読者の中からファンが生まれるんだね。

ちょくちょくLINE@に応援の声や相談が来るようになってるしね。

ファンができる仕組みはこっちにまとめてあるから読んでみてくださいな。

 

やりたいことがない人がブログをはじめるべき理由5.やりたいことがわかったとき、ブログが自分の広告塔になってくれる

あなたがこの先、やりたいことが見つかって、それを仕事にしたいと思ったら、まちがいなく集客力が必要になる。

そんなときに、ブログを書いておけば自分の広告塔がわりになってくれる。つまり集客、お客さん集めをブログが代わりにやってくれるってわけだ。

集客のために書く、っていうと肩ひじ張ってしまいそうになるけど、もっと簡単に考えていいよ。ようするに、ブログを使ってファンをたくさん増やしておこうぜ!ってこと。

ブログでファンを作っておけば「こんなイベントやろう!」って言ったときに自然と人が集まってくれる状態にできるからね。

 

まとめ

今日はやりたいことがない人がブログを書くメリットをまとめたよ。

もっかいまとめると、

  1. 挑戦する習慣がつく
  2. 好きなことと嫌いなことが仕分けできる
  3. 自分の体験が誰かの役に立つ情報になる
  4. 自分のファンが生まれる
  5. 集客力になる

ブログは「やりたいことが見つからない」から「やりたいことを仕事にする」段階までずっと役立つツールだってことがわかってもらえたかな?

遅かれ早かれ集客力は必要になるから、ブログは書いておいて損はないよ。というか書かないと損するといった方が適切。

長い時間をかけたほうがたくさんのファンが作れるって考えたら、早く始めたほうがいいってこともまちがいないわけだから。

僕はこのことに気づいていたら、学生時からからやってただろうなぁ。情弱でした。

そんなわけで、やりたいことがないと悩んでいるなら、とりあえずブログで発信するクセをつけてみよう。

んじゃねっ。

さとし』に無料で質問できるLINE@の登録はこちら!
働き方のこと、ブログのこと、お気軽にどうぞ~。

さとし』のLINE@の詳細は>>こちら

 

関連コンテンツ