プロ引きこもりから学んだ「逆算思考にとらわれ過ぎず行動する」ことの価値。

どうも。プロホームレスの岡崎さとしです。今日も元気にホームレスしてるよ。

(いや誰だよ?という方は>>こちら

今回は、福岡でヒキコモリズム井上さんにインタビュー(というかほぼ対談)してきたので、その様子をまとめるよ。

先日、わざわざ飛行機で福岡まで行ってきたのは、このためだったってわけ。

ホームレスのくせに生意気なことしてごめんね!笑

トータル3時間以上話していたので、話題ごとに随時更新していくよ。

初回となるこの記事のテーマは、

「逆算思考は大切なんだけど、固執しなくてもいい」です。

ではどうぞ!

・・・とその前に、ヒキコモリズム井上さんについてちょっと説明しておこうか。

ヒキコモリズム井上って誰?

ヒキコモリズム井上さんは、「プロ引きこもり」として活動を行っているブロガー・トレーダー。

 

  1. 月間15万PVのブログ「ヒキコモリズム.COM」
  2. 300人以上が参加する「ヒキコモリズムの在宅で稼ぎ散らかすサロン」
を運営してる。

ブログはなんと解説3ヶ月で生活できるだけの収益化に成功。鬼ほど優秀な人。

プロフィール動画見ればわかると思うだけど、むちゃくちゃ濃いんだよ、人生が。

で、彼はとにかく「逆算思考が大切」を伝えている人なんです。

「ブログは読者から逆算して記事を書け」
「成果を出したいなら逆算して計画しろ」

とまあ、いつでも冷静な立ち振る舞い。人によっては冷徹人間と感じる人もいるんじゃないかな。

実際、ネット上で見る井上さんは

さとし
もはや人生ぜんぶ計算し尽くされてるんじゃね?

というくらい淡々と成果を出していってる。

共通点は「大学やめたことある」くらい。

逆算してるつもりでことごとく失敗してる僕とは、全く別の生物なんじゃないかなと感じてました。共通点は「大学やめたこと」くらい?

それも井上さんの場合はきっと、僕みたいに半分逃げ出したような感じじゃなく、すべて計算したうえで動いたんだろうなあ、と。

どんな目的で大学をやめたんだろう。

気になったので、まずは大学をやめた目的から、聞いてみることにしてみた。

さてさて、どんな緻密な計画が飛び出してくるやら・・・。

ヒキコモリズム井上は、もともと勢いで行動するタイプだった。

さとし

・・・え?それじゃあ、「俺はこれがしたいからやめる!」みたいなのはなかったんですか?

井上さん

ぜんぜんです。単純に「俺ここまま大学行ってても腐るなあ」と思ったんすよ。

で、たまたまそのときに芸能界入るみたいな話になってたから、ああじゃあやめるわ、ってなって。べつに食えるようになってないけど笑

さとし

完全に勢いだった!笑

井上さん

そう、完全に勢いっす笑

それでも役者やって、一瞬ギリギリ食えるくらいにはなったんですよ。でも、体壊して仕事できなくなって、また食えなくなった。

ああどうしようって、いろいろ情報収集しながら人に会いまくりました。

個人事業っていう働き方には、そこで気づきましたね。ええ、こんな生き方もあるんだー、って思って。ブログとかもその頃知ったんです。ただ最初は(とあるネットワークビジネス)やったんですよ。

さとし

へえ!実際やってみてどうでした?

井上さん

一時期はグループとかもぶわっと作ったりしたんですけどね。フォローアップがめんどくさすぎて瞬間でやめましたw

で、そういう中で、いろんな商売やってる人と出会って、自分で稼ぐって生き方もできるんだってわかって。「ああ俺大学やめてなかったらもっとやりようあったわー」って思いましたね。
大学やめて時間と金がなくなってたから、めっちゃ感じました。

さとし
わかるなぁ。不思議なことに、追い込まれた時に限って大切な気づきって生まれますよね
井上さん
ほんと、人生よくできてんなあと思いましたよw

今でこそ引きこもりだけど、はじめはすべてリアルで活動。

さとし

その後はどんなことに挑戦したんですか?

井上さん
当時は、もう手当たり次第にやってました。

7、8年前って、まだネットとかってまだそんなに発達してなかったじゃないですか。PCも分厚かったし。

ひたすら人とリアルに会いまくってました。今と全く正反対ですよね。

さとし
足で稼ぎまくってたんですね。
井上さん
足使ってましたねえ、自分でもよくやってたなと思いますけどね。

失敗を繰り返す中で、計画性を身につけた。

さとし
プロフィール見ると、僕の10年分を4年くらいで生きてるなあって思うんですよ。
井上さん
いやいや!笑。ムダなことが多かったと思いますよ。

もっと頭使ってたら、もうちょっとうまくいったんじゃないかなってことが多いです。

さとし

え、そうなんですか?

いまの井上さんは「ざ・効率性の鬼」みたいな印象だから、想像できないんですけども。

井上さん
失敗から学びましたね。

そのときは、どうなるかとか、どうしたらいいかとか決めずに、「うわー、これおもしろそー」と思ったらやって、だめだったら撤退して、みたいな。

宮森はやとさん(ブロガー・現在は画家としても活動。ブログが炎上することで有名)の、力が伴ってない感じだったんですよ。

さとし
もっと向こう見ず?
井上さん
そそ。

宮森さんはなんだかんだ影響力持ってるんですけど、当時の僕はそれがないのにやってたから。常に結果が出ないまま動いてたんですよね。

そのくせフルコミッション(完全成果報酬)の仕事ばっかやってたんすよ!プライドがあったんでしょうね。「俺はサラリーマンにならねえ!」みたいな。変なことばっかやってたなあって思いますよ。

さとし
でも、個人で戦うって、パワープレーさみたいなのが必要なんじゃないですか?
井上さん
いやあ、パワープレーはしない方がいいと思いましたよ。

そのころはSNSとかなかったから、まだ意味があったのかもしれないですけど。今はほら、これだけネットインフラが整ってサービスもあるから。

頭脳戦だと思いますね、今は

さとし
なるほど、たしかに。

めちゃくちゃ賢い人は、ここから一歩も動かずに仕事を完結しますよね。

たとえばトップのアフィリエイターなんて、記事すらも書かないようになってきてるし。

井上さん
ほんとそうなんですよね。全部外注、外注、外注って。でも、それがいちばん賢いと思います。

あ、ちょっとトイレ行ってきていいですか?

さとし
はい、どうぞ。そのあと僕もいきます。

(中略)

行き当たりばったりで始めたブログをきっかけで、会社役員に(現在はやめてる)。

さとし
井上さんって、徹底した戦略家というイメージでしたが、以外と勢いで始めちゃうタイプなんだという印象を受けました。

では、ブログはどうでしたか?

ブログも、はじめは2B(対企業)向けの高単価の仕事を獲得し、短期間に成果を上げた。さらに、1年半で300人を超える大きなサロンを作り上げてる。

ブログを運営するにあたって、最初から収益化への道のりはすべて逆算されたものだったんでしょうか?例えば、初期のブログはターゲットを法人向けに絞って書いていたとか。

 

井上さん

ブログも、法人向けにした覚えはないんですよ。ただただ専門的な情報発信とかしてたら、法人の人が目をつけてくれたのか、依頼が舞い込むようになって。あんま戦略的にやってなかったっすね。

ブログの中にちょいちょい「こういうのできるよ」ってのを入れてただけなんです。

 

さとし
「誰々を狙っていこう」みたいなのはなかった?
井上さん
全然です。
さとし
マネタイズ戦略も?
井上さん
ないですないです。笑

ただ、2C(対個人)はやめようとは決めてましたけどね。めんどくさいから。

さとし
そうだったんですかぁ。

とはいえ、2Bから依頼があるってことは、そのために何かを書く必要がありますよね。どんなことを書いたんですか?

 

井上さん

いやもう単純に自分のやってたこととか、過去の実績とかを発信してたんですよ。オピニオン(意見)につなげたりしながら。

そしたら突然「やってくれませんか?」ってメールが来て。

「いっすよー」って。笑

 

さとし
軽っ笑

やっぱり過去の実績が相手の目にとまったんでしょうね。

井上さん

そそ。あ、あとは、僕のことを前から知ってた人もいたんですよ。リアルで活動してた頃からの僕のことを。

で、ブログでイケハヤさん(高知の山奥で活動している有名なブロガー)のマネして書いてるのを見て、模倣力の高さがすごい!うちでも仕事やってくれないかって話になって。で、やってみたら、あれよあれよと結果が出て。

さとし
そして、会社役員に抜擢
井上さん
はい。

バラバラだった実績が、ブログで一つの線でつながっていった。

さとし
聞いてると、あまり「このタイミングでこうしよう」みたいなのないんですね。
井上さん
ないんです、行き当たりばったり!笑

決めてたのは「2Cはやらない」ってことだけ。その時は人疲れしてたから、人に対してなんかやるのはめんどくせえなぁって考えてた。

さとし
発信をBに向けてするようにしただけ?
井上さん
それも「Bから来たらいいな〜」くらいの感じですよ笑
さとし
ゆるっ笑
井上さん

最初はほんと「何でマネタイズするか」を考えてなかったです。

「イケハヤさんでもできるんだったら俺にもできんだろ」みたいなノリはじめて。後のことは後で考えよう、みたいな。

そしたら、元もとのつながりの人から法人の仕事依頼が来て、そこで実績を出して、それがまた次の仕事につながって。そんなことを繰り返していったら、2Cからもオファーが来るようになった。

で、あるとき「サロンやってください」って読者側から声がかかり、そこではじめたっていう。

それ以外の案件はずっと断ってましたからね。個人に対しては。「イヤです、めんどくさいです」って

さとし
なんと笑。

ここまで聞いて、わりと無鉄砲にはじめたんですね。逆算って感じがぜんぜんしない。笑

井上さん
そうなんすよー。サロンでは逆算が大事とかいっておきながら、当の本人はけっこう行き当たりばったりっていう笑
さとし
意外だなぁ!全部「計画通り。ドャァ」って感じなのかと思ってた。
井上さん
もちろん、書きながら考えてはいましたよ。

ただこうもうまくいくとは思ってなかった。あらぁって感じ笑

よくあんなうまくいったよなあ。

さとし
たしか半年くらいでブログ飯達成!って報告してましたもんね。すごすぎる 。
井上さん
実際には3ヶ月くらいで食えるようになってたんですよ。

ほんとは2年くらい踏ん張る気でいたんですけどね。

さとし
実績が目にとまったんだと思います。
井上さん
それまでに積み上げてきたものがつながったんでしょうね。

逆算思考にとらわれすぎてるなら、一歩踏み出しちゃうのも一つの手。

はい!今日はここまで!

ネット上での井上さんは、やることなすこと全部に正確性がある印象だった。

でも、実際の井上さんは、かなり人間くさい行動をしてきたタイプ。PDCAというよりは『DCAP』で動いてきた人だったみたい

失敗をくり返しながら実績を積み上げていき、その実績がブログを通してひとつの線につながっていった、という感じ。

逆算をせずに行動したことで、「ヒキコモリズム井上」というブランドを作り上げる素材を集められたんだね。

「逆算なんてするな」って話ではないからね!

注意してほしいのは、逆算なんて必要ねえ!って話ではないよってこと。

なんだかんだいっても、逆算できるならその方が確実に成果が見込める。

自身の行動にムダが多いと感じたからこそ、井上さんはブログやサロン内でくり返し『逆算』の重要性を訴えてる。自身の経験に基づいた言葉なんだね。

僕が言いたいのは、逆算思考にとらわれすぎて足踏みしているんだとしたら、とりあえず一歩踏み出してしちゃっていいんじゃね?ってこと。動き回ることで点と点が線になっていく瞬間が訪れるから。

僕も、いまこうしてブログを書くという仕事をしているのは、後先考えずに大学を飛び出し、前職をやめたからだ。

痛い目はみたけど、以前では考えもしなかったような行動をするようになった。

逆算を意識はする。でも、固執はしすぎない。

その方が思わぬ成果が降ってくることもあるんだ。

井上さんの体験談には、そんなヒントが隠れていたように思うな。

ではまた次回。

 

P.S.

今回インタビュー(対談)したヒキコモリズム井上さん。

ブログでは、やや毒気の強い、でもきちんと読むと本質を突いた内容の記事を書いているよ。

今回の対談を深く理解できると思うので、ぜひ読んでみてほしい。

▽ヒキコモリズム井上さんのブログはこちら▽

ヒキコモリズム.COM|ネットを使い在宅で稼ぐプロ引きこもりのブログ

関連コンテンツ