読書しても内容を忘れる人に最高の劇薬は「キライな人の本」

イラッとするけど、そのぶん記憶にのこる。そして意外な発見もある。

160715_thumbnail_2

スポンサーリンク

こんにちは!さとし(insidesatoshi)です。

タイトル見て、「なんでわざわざキライな奴の本なんか読まなきゃいけないんだよ!?」と思いましたよね。

イヤな人の話なんて耳を傾けたくない。それはぼくも同じでした。

でもあるとき、何の気の迷いか手に取ってみたんですよ。

そしたら、思いのほか収穫があったんです。

で、「これ、読書してもすぐ忘れるって人にも役立つんじゃないかなあ」と。

そんな風に思って今回はシェアすることにしました。

劇薬注意!笑

嫌いな人の本を読む3つのメリット

反面教師として強烈に記憶に残る

イライラって記憶力を上げるんですよ。

感情を伴うと記憶力はあがるんだそうです。くわしいことは「読んだら忘れない読書術」に書いてあるので、気になる方はどうぞ。ぼくのゴリ押し。

 

「うわ!何こいつの考え方!ぜんぜん共感できねー!」

という怒りをぶつけながら読むとあら不思議。

頭の中にこびりついちゃう!べっとりとね。

読書してもすぐ忘れるという人にとって、嫌いな人の本を読むのは、感情を動かされる手段として役立つんです。

もちろん、そのまんま暗記して終わってしまうともったいないんですよ。

その人の意見というのは、

あなたが目指す方向と真逆のこと

なので

「あー、コイツの言ってることと逆のことをしていけば、自分の理想に近づいていけるんだな」

と捉えることが大切。

「そんなん、最初から自分と同じ価値観の人の本読んだほうがいいじゃないか」

って思われそうですが、ここは反面教師のほうが成長率が高いんですよ。まちがいなく。

あなたは、

「あんな人みたいになりたいな」

っていうのと、

「こんなやつになりたくない」

というでは、どっちのほうが覚悟を強く持てますか?

おそらく後者だと思うんですよね。

なりたいな、という憧れは諦めやすいです。べつに達成できなくても何も失わないので。

しかし、なりたくないという思いは、意地でも達成したくなるんですよ。でないと何か大切なものを失う気がするから。

違った価値観の人の意見から「普遍的な法則」を見つけられる

価値観は違っても、やり方や成功の法則みたいものには共通する部分があったりします

全く違う考え方を持っている人も、骨になる部分は一緒なことが多いんです。

 

たとえば、ぼくはスポーツでいえば、

「なんでもかんでもつらい練習にして根性鍛える」

という考え方がキライです。

ぼくがやっている卓球という競技は、いまだにそういう傾向が強くて

「なにこれ昭和?!」という習慣がいまなお根強くのこってます。

スポーツ科学の分野は日々進歩しています。

効率的な練習システムを組んでいかないと、どんどん遅れを取ってしまう。

「根性」って言葉で自分の指導力不足をごまかすな!ってイライラします。

 

ただ、じつはこうした根性論の話の中にも、得るものはあるんですよね。

例えば「基礎体力という土台がないと行き詰る」「最後に勝負を分けるのはメンタルの強さ」とか、そういったことは、共感できたりする。

すると、「あー、この部分は誰もが共通してる見解なんだな」と気づけるのです。

 

「こいつの考え方は気に入らないけど、この部分については評価してやるか」と批評家目線で読んでみる。

ムダな作業ワロタwwwって思うかもしれません。

が、情報を分析しながら読むことで、深く内容を理解できるんですよ。受け身の姿勢じゃなくなる。

ダラダラ読書してすぐ忘れるくらいなら、こういったひと手間を加えたほうが、結果的に効率よく記憶できたりします。

 

意外といい人だったりする

第一印象でキライと感じた場合、無意識に、どうしてもその人の悪い部分しかみなくなっちゃうんですよね。

ほんとはあなたにとって有益な情報をもっていたとしても。

それって、すごくもったいないですよね?

あなたが気に入らない部分は、その人の一部分でしかないんですよ。

もしかしたら、もっと視野を広げてその人を見たら、案外いい人とわかるかもしれない。

 

もちろん、気に入らない部分は気に入らなくていいんです。

いいと思ったところだけ抜き出せばいい。

できないのだとしたら、この機会に身に着けるべきです。

これだけ情報化の進んだ社会では、情報を取捨選択する力って今後ますます必要になるので。

 

キライな人の本を読むときの、たったひとつの注意点

病んでるときはやめましょう!

この方法は劇薬なので、少なからず精神力が必要です。

キライな考えを真っ向から受け止めると、人によっては、自分を正面から攻撃されるように感じるでしょう。

それに耐えられる余力がないならやめといたほうがいいです。

記憶に残るどころかトラウマになります。

読書してもすぐ忘れるひとが正攻法に読むときのコツは、こちらの記事を参考にしてみるといいですね。

読書しても内容を忘れるなら、3回はアウトプットしなさい。by読んだら忘れない読書術

 

さとしの!まとめ

今回は、読書しても内容をすぐ忘れる!って人のために、荒療治(あらりょうじ)的な方法を紹介してみました。

この記事を読んで共感してもらえれば、ぜひ実践してみてほしいです。

逆に、「お前の言ってることわけわかんねーよ!」と思ったとしても、占めたもの。

そのイライラは記憶につながると思うので、ぼくを反面教師にすれば役立つでしょう。笑

スポンサーリンク

関連コンテンツ