理学療法士・作業療法士・言語聴覚士におすすめの転職サイト3+3選

かしこく転職活動するなら、複数登録して求人を見比べるのがベスト。

s_ptotst%e8%bb%a2%e8%81%b7

こんにちは。元理学療法士のさとし』です。

(いや誰だよ?という方は>>こちらのページからどうぞ)

「転職したいけど、どう進めていいか不安」

「きちんと条件に合った職場を見つけられるか不安」

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士(PT・OT・ST)のあなたは、こんな悩みを抱えていませんか?

今回はそんなあなたのために、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が転職するならまず最初に登録しておきたい、転職サイトのおすすめを紹介します。

 

転職サイトへの登録手順

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士(PT・OT・ST)専門の転職サイトへの登録手順はたった2つ。

①web会員登録
②本人確認の電話連絡

これだけです。運営会社から電話がかかってきても、しつこい営業とはちがうのでご心配なく。

おおむね登録直後~10日以内に連絡が来るので、とりあえず「転職しようか検討中だ」ということを伝えておけばOKですよ。

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の転職ならまず登録すべき3+3つの転職サイト

メドフィット

医療系全般に強い!メドフィット

医療系全般に強い!メドフィット

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士に限らず、医療系ならあらゆる職種の求人を網羅しているという、すごい転職サイト。

医療業界への転職なら、まず登録しておいて損はありません。

医療系全般に精通しているので、転職エージェントの専門知識も高い。頼りになります。

夜間・休日での電話対応から、細かな条件に見合う職場選び、引っ越しにおすすめな物件情報の提供に至るまで、対応の良さが評判。「転職活動をスマートに進めたい」という人からの指示を受けています。

あなたが効率よく転職を進めていきたいと考えているなら、ここに登録しておくのがおすすめですよ。

登録も30秒でできてカンタン。

こちらは会員登録後、1週間以内に本人確認の電話連絡が入りますので、エージェントとの信頼関係を築く意味でも、最初だけはきちんと対応おきましょう。ひとこと「転職しようか悩んでいるのでアドバイスがほしい」と相談すればOK。

 

マイナビ医療介護

s_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-16-20-12-53-2

転職業界超大手のマイナビによる転職サイト。理学療法士・作業療法士・言語聴覚士や、その他コメディカルに大人気。実際、このブログからもとくに登録が多いです。

大手だけあって、求人が充実。2017年4月時点で10932件の求人が!

あなたが「数多くの求人を見ておきたい」と思っているなら確実に登録しておきたいサイト。

マイナビの転職エージェントは他業界でも高評価。じっくり確実に転職を進めたい人にも頼りになります

転職に対して不安が大きいなら、一度相談してみるとよいでしょう。

登録後に本人確認の電話連絡が入ります。きちんとでて「転職しようか不安で悩んでいる」と伝えましょう。

 

ウェルクス

東京・埼玉・千葉・神奈川に強いウェルクス

東京・埼玉・千葉・神奈川に強いウェルクス

首都圏エリア(東京・神奈川・埼玉・千葉・愛知・大阪)の求人が充実しているサイトです。

首都圏への転職を考えているあなたは必ずチェックしておきましょう。

「自宅の近く」「残業なし」「ブランクOK」「福利厚生充実」といったこだわり条件を満たしている求人が多いので、環境を大切にしたい人にはおすすめです。

こちらも本人確認の連絡が入るので、サクッと応対してください。

理学療法士work・作業療法士work・作業療法士work

本気で転職を考えているならここにも登録しましょう!

本気で転職活動するなら登録せよ!

本気で転職活動するなら登録せよ!

職種別にまとめられてる転職サイト。(画像は理学療法士work)

転職を検討している段階の人は登録できません

「まだ迷っているから、登録だけして様子を見よう」という場合は、ほかの3つの転職サイトを使いましょう。

そのかわり、転職活動を始めている・始めることを決めているという人は、ここに登録しておくと手厚いサポートが受けられます。

この会社の特徴は、

  • 求人側との条件交渉を匿名の段階で行ってくれる
  • 30代前後のキャリアアップを考えている人が利用している
  • 就職が決定すると最大10万円就職お祝い金がもらえる 

転職時には何かとお金がかかるので、お祝い金が出るのは大きいですね。

こちらも本人確認の電話が来たら「転職を予定しているので相談したい」と伝えましょう。

 

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が転職で失敗したくないなら複数の転職サイトに登録するべき!その2つの理由

1.求人の見逃しを防ぐため

医療系の転職活動は情報収集力がものをいいます

よくある企業みたいな「はーいみなさん来てくださーい!」といった積極的な説明会がないんですよね。

なので、よい転職先に出会うには自分で情報を集めるしかないんです。

気を抜いていると「知らぬ間にどっかの求人サイトに掲載されて、知らぬ間に終了してた」なんてことになります。知り合いにもこういう失敗をしてる人、けっこういたっけ。

なので、より多くの求人を見られるかは非常に大事。

さらに、医療系では多くの非公開求人があります。非公開求人とは、転職サイトに登録した人しか閲覧できない求人のこと。

しかも、非公開求人は転職サイトごとに異なるんですよね。「気になる職場がAのサイトにはなかったけど、Bのサイトにはあった」なんてことがけっこうある。

どこにどんな求人があるかは、登録しないと確認できないというわけ。

そういうわけで、あなたがもし、多くの求人に目を通して効率的に転職活動を進めたいなら「複数の理学療法士・作業療法士向け転職サイトに登録する」のが絶対おすすめ。

というかそうせざるを得ません。

2.よい転職エージェントを見つけるため

ここで紹介しているサイトでは、いずれも転職エージェントのサポートが受けられます

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の転職サイトで転職エージェントを使うと、

  • 希望条件に合った求人を探してくれる
  • 給料などの待遇面の「職場に言いづらいこと」を代わりに交渉してくれる
  • 職場の人間関係など、求人票に書いていない「現場のウラ側」を教えてくれる

というメリットがあるので、基本的にはおすすめ。

ただし!転職エージェントには当たりはずれがあります

はずれの担当者を例にあげると

  • 押しが強くてマイペースに就職できない(本人確認後もやたら電話がかかってくる・検討段階なのに強引に転職を進めてくる)
  • あまり真摯に話を聞いてくれない(やっつけ仕事感・事務的な対応)

このあたりは、どのサイトが当たりというより、どの担当者にあたるかにかかってます

ぼくは実際、本人確認後も頻繁に電話がかかってきて迷惑したことがあるんですよね…。

なので、複数のサイト、複数の担当者に話を聞いてみたほうが、良い転職活動ができます。

だからといって全部登録しちゃうと管理が難しくなっちゃうので、

気になるサイトを3つくらい選ぶのがベストです。

 

すこしめんどくさいですけど、ここはしかたないですよね。

転職先で今後の生活が大きくかわると思えば。

このページで紹介している転職サイトの利用は、どこも完全無料。複数登録しといても損はしません。

「良い仕事紹介してやるんだから金払え!」なんてことはないので安心して利用できますよ。(笑)

登録はこちらから

 

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が転職サイトに登録する必要あんの?ハローワークだけじゃダメなの?

そもそも、理学療法士・作業療法士が転職サイトに登録する必要あるの?ハローワークで十分じゃないの?という人もいそうなので言っておきましょう。

ハローワークだけに頼るは本当に危険です。

「はじめに」のところでもふれましたが、ぼくは情報不足、サポート不足によって就職に失敗したんです。ハローワークだけに頼った場合この、情報不足とサポート不足に悩まされるのはまちがいありません。

理学療法士・作業療法士向け転職サイトには「非公開求人」っていうのがあって、サイトに登録した人しか応募できない求人があります。

そして、けっこうな職場が非公開求人だけに掲載してたりするんですよね。

面倒くさいからといってハローワークに依存すると、限られた範囲の求人しか見ることができません。

あなたがかしこく転職活動を進めていきたいなら、求人情報を数多く見られる状態にしておくことは必須だと言えます。

 

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士がハローワークだけで転職活動するのをおすすめしない3つの理由

1.求人票の説明が少なすぎて候補をしぼれない

ハローワークの求人票は、簡易な業務内容の説明(「理学療法業務」とか)と給与、休日、残業のデータが書かれてるだけです。すごく無機質

しかも、同じような記述の求人がばーっと流れているので、ぜんぜん的を絞れない

職場の雰囲気も全然分からない。

理学療法士・作業療法士は見学に行くのが大半です。でも、現実的にはそんなかたっぱしから行くのは厳しいですよね。非効率すぎて。

なので、ある程度志望先をしぼって見学いくのに、ハローワークは適してないんです。

2.空気が重くて精神をやられる

冗談抜きに、空気がめっちゃくちゃ重いです。イヤな言い方すれば「人々の不安を火であぶって、その煙を部屋いっぱいに充満させた」ような雰囲気。

ぼくはあの空間、1時間もいたらめまいがして卒倒しそうになりました。

静かに黙って求人票をながめてる時間なんて、苦行以外の何物でもありませんから。冗談抜きに、もう二度と行きたくないですね…。

転職活動って少なからずプレッシャーを感じるものなので、長時間ハローワークで消耗するのはおすすめしません。

余計なストレス抱えると、考えが後ろ向きになって転職もうまくいきませんから。

3.応募までの時間がかかる

とにかく応募から採用までの時間がかかります。

理由をざっくり挙げておくと

  • 「紹介状がないと応募できない求人」は所管のハローワークに行かないと応募できない
  • 履歴書を毎回書き直す必要がある(ネット履歴書?なにそれおいしいの?って状態)
  • 混雑すると長時間待たされる

という感じです。え?20世紀なのか?ってくらいにアナログ。

あなたが効率的に転職活動をすすめたいという人なら、かなりイライラするかも

ハローワーク頼りの転職活動は危険だということ、わかりましたか?

 

まとめ

かしこく転職活動を進めたいなら、

  1. 複数の転職サイトに登録し
  2. 複数の転職エージェントから話を聞いて
  3. できるだけ多くの求人を見る

の3原則を守りましょう、ということです。

それでは、転職サイトであなたにピッタリの転職先を探してみてください。

 

関連コンテンツ