理学・作業療法士から一般企業への転職で失敗しないための3条件

どうも。
理学療法士を辞めて転職し、いまはブログ書いてくらしてるさとし』です。
(いや誰だよ?という方は>>こちら

今回は、
理学療法士・作業療法士から一般企業に失敗なく転職するために必要な方法をまとめました。

専門職であるPTOTから転職する話って、なかなか公にしづらいですよね。

一般企業への転職ってどうやって進めれば良いんだろう?

そんな風に思っているなら、役に立つはずです。

ぜひ参考にしてみて。

結論から言えば、

理学療法士・作業療法士から一般企業への転職に失敗しない3つの条件はこちら。

  1. 転職エージェントに相談する
  2. その際は大手の転職エージェントを選ぶ
  3. 複数の転職エージェントに登録する

なんでこの3つが必要なのかは、この下でくわしく説明しますね。

理学療法士・作業療法士から一般企業への転職で失敗しないための条件1.転職エージェントに相談する

他業種への転職で失敗するリスクをさけるためには、やみくもに求人を見るより
転職エージェントに相談するようにしましょう。

転職エージェントは、
あなたの求める条件に合った転職先を見つけてくれる人のこと。

いわば、転職のプロです。

転職エージェントを利用すると、

  • 事前に面談によって転職先を絞り込める
  • 求人票に書かれていない転職先のウラ情報が聞ける
  • 履歴書やエントリーシートのサポートを受けられる
  • 面接対策ができる
  • 給与等の条件交渉を代行してもらえる
  • 転職後のアフターフォローが受けられる
  • サイトから申し込むと書類審査が通りやすい

といったサービスを無料で受けることができます

これはかなり便利。

たとえば、
PT・OTのあなたが一般企業に転職しようとしたとき。

転職先の人事は

わざわざ専門職をはなれてうちに来るのはどういう理由だろう?

と慎重になってくるケースがほとんどです。
(ぼくは実際に経験しました。)

疑いの目を向けられながら対応しなければならないため、
自己アピールの仕方がすごくむずかしい。

転職エージェントにあらかじめ相談しておけば、
きびしく突っ込まれたときも冷静に対処できます。

ぼくはこのことを知らずに転職活動をはじめてしまったため、ひどく苦労したんですよね…。

補足:転職エージェントって怪しくないの?

無料でサービス受けられるうえに選考通りやすいなんて怪しくない?
変な就職先を紹介させられるんじゃないの?

と思いましたか?

ぼくも最初は怪しいと思ったんですけど、
理由が分かるとむしろ安心できましたよ。

転職エージェントからの申込で書類選考が通りやすいのは、

企業が転職エージェントの紹介に信用をおいているから」です。

転職エージェントはざっくりいうと、

企業に良い人材を紹介し、そのお礼として紹介料を企業からもらう

という方法で利益を得ています。

つまり、
企業に悪い人材を送り込んでしまったら

「おい!おまえの紹介した人材、ぜんぜんダメじゃないか!」

と不満が生まれ、
エージェント側は企業から依頼をもらえなくなってしまいます。

だから、
「この人とこの会社ならうまくいく!」
という状態ではじめて、エージェント側はGOサインを出す
のです。

あなたに適切な職場に就職してもらうことが、エージェント側にとっても利益につながるんですね。

理学療法士・作業療法士から一般企業への転職で失敗しないための条件2.大手の転職エージェントに登録する

じゃあ、具体的にどこに登録すればいいんでしょうか。

その答えはシンプル、大手サイトです。

効率的に転職活動を進めるためには、
まず大手に登録するのが定石です。

理由は

  • たくさん求人のストックがある
  • 経営が安定しているので、転職エージェントのサポート体制も万全であることが多い
から。

理学療法士・作業療法士から一般企業への転職で失敗しないための条件3.複数の転職エージェントサイトに登録する

ここでひとつ、注意点があります。

それは、

「転職エージェントサイトを使うときは
複数のサイトに登録する

ということ。

転職エージェントサイトには、
非公開求人が多数あります。

これはカンタンに言うと、
サイト登録者だけが閲覧することができる特別な求人」のこと。

そしてこの非公開求人に掲載される求人票は、サイトによって異なります。

めんどくさいからといって1つのサイトにたよると、求人の見逃しをするリスクがある。

他サイトにはもっとよい求人があった…
なんてことにならないように、
転職エージェントサイトは複数に登録したほうがいいのです。

理学療法士・作業療法士(PT・OT)から一般企業に転職するためにまず登録すべき3つの転職エージェント

この下で、
あなたがまず登録すべきおすすめの転職エージェントサイトを紹介します。

当ブログでは全部で6サイトほど紹介していますが、
この記事ではとくに人気のある3サイトに厳選しました。

会員登録後、
本人確認の電話連絡が入ります。

転職活動は
エージェントとの信頼関係ありきなので、
最初はきちんと対応するようにしましょう。

といっても、
かしこまる必要はありません。

きちんと電話に出て
転職しようか悩んでいるのでアドバイスがほしい
と相談すればOKです。

type転職エージェント

まず登録してほしいのはこちらのサイト。

@typeが経営している人材派遣サービスです。テレビCMで一度は聞いたことがあるんじゃないでしょうか。

type転職エージェントはまず登録!

type転職エージェントの特長はこちら。

  • 求人サイトなどのWEB上に公開することができない、非公開求人が約80%存在(独占入手の求人もある)
  • 「初めての転職」「女性向けの転職」「離職中の人向けの転職」など、テーマ別の無料転職相談会や転職セミナーを毎週開催
  • IT系、営業系、企画管理系に強い
  • 9割の転職エージェントが転職経験者
  • 転職先の待遇交渉を代わりにやってくれる
  • 模擬面接で就職試験の練習をしてくれる
  • 自分に合った転職先を吟味してくれる

転職経験者が転職エージェントと言うだけあって、
「正直な意見をいってくれる」ということに定評があります。
これは結構重要。

向き不向きをしっかり伝えてくれる転職エージェントに出会うことは、転職活動をすすめるうえで必須条件と言えるでしょうね。

サイトに登録すると、エージェント側から連絡が入るので、
「転職を検討しているので相談にのってほしい」と伝えましょう。

ハタラクティブ

ハタラクティブは、
未経験からでも自分の向いてる仕事を探すことができるサイト」です。

第二新卒枠(卒業後2、3年以内で再就職する人のこと)に強く、
テレビ制作会社で燃えつきてしまった方が、再就職して月収が3万円アップしたケースも。

採用は「人柄重視」。つまり
伸び率を期待してるという企業が多いです。

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士(PT・OT・ST)という医療の世界でもまれてきたあなたなら、十分チャンスがあるといえます。

DODA

DODAはインテリジェンス社が運営する総合転職エージェントです。

満足度NO.1に輝いたDODA

案件の数はややすくない傾向にありますが、
面接対策や職務経歴書のアドバイスが非常に高いとの評判。

理学療法士・作業療法士からの転職のように、転職がはじめてだったり第二新卒(新卒から2~3年以内の転職)の場合には心強いですね。

こちらも登録しておいて損はないはず。

ちなみに、転職エージェントは転職の決心がついていなくても利用可能

「転職しようか迷ってるんですけどどうしたらいいでしょうか?」

というだけでも、自分が今後どうすべきかヒントをもらうことができます。

まよっていてもなにも変わらないのですから、気軽に相談してみましょう。

このほかの転職支援サービスも知りたい!
という場合にはこちらもチェックしてみてください。

関連記事:理学療法士作業療法士言語聴覚士からの転職を成功させるサイトまとめ

 

関連コンテンツ