【挑戦】今さらだけど、逆立ちできるようになろうと思うんだ。

できたら見える世界が変わると思うんだ!(物理的な意味で)

スポンサーリンク

 

こんにちは!さとし』です。

(いや誰だよ?という方は>>こちらのページからどうぞ)

 

ある日ぼくは思ってしまったのです。

 

というわけでやってみました。

できました。

おしまい。

 

 

 

 

 

はい、うそです。

トリックショットです完全に。

 

ぼくは正直、運動神経が良いとは言えません。

小学生にして卓球チームをクビになるほどですからね。

でも、あきらめの悪いぼくはどうしても逆立ちをしたいと思ってしまった。

スポーツ選手で言ったらベテランの域に入る年齢から、逆立ちをする。

けっこうまわりには、今さらはじめてなんになるんだと言われました。

なんになるかなんて知らんがな。

思っちゃったんだからしょうがない。

自分の身を持って実験してやろう、そう思っただけです。

なにかをはじめるのに、理由がいるかい?

 

そんなわけで、練習記録を残すことにしました。

随時更新しますので、温かく見守っていただければうれしいです。

 

 

スポンサーリンク

逆立ち練習1日目:壁倒立してたら三点倒立ができるようになってた

最初に武井壮さんの倒立のコツの動画を見ました。

え?!なんだこれ?!いままでやってきた倒立の方法とちがう!

度肝抜かれました。と、同時に「自分にもできそうだぞ」と可能性を感じました。

これはびっくり!ぼく、3点倒立すらいちどもできたことなかったんですよ。

壁倒立をずっとやってたら、感覚がつかめたのかも。

 

逆立ち練習2日目:転びそうなときに手が出るようになった

 

足で立つときも、バランスを崩しそうになったときには足を反射的に一歩出しますよね。

これをステップ反応というんです。

これは逆立ちの場合でも起こるもの。

最初は、盛大にすっころんでましたが、2日目には徐々に現れました。

まだまだすぐにバランスを崩してしまいますが、転びたくないという気持ちが腕にあらわれるようになってきたんでしょうね。

 

逆立ち練習4日目:3秒くらい止まれるように

 

この直後、一瞬だけ「こ、これが逆立ちすると言うことか!」みたいなタイミングを感じるようになりました。

思った以上に力いらないんですね。はじめて知ったよ。

 

逆立ち5-7日目:大きな変化なし

やはり一筋縄ではいかないですね。苦しんでおります。

ひきづづき挑戦していきますよ!いつになるかはわからないけど、気長にやります。

スポンサーリンク

 

関連コンテンツ