「学校に行かない」のどこに問題があるというんだ?【対談シリーズ第3回(ヒキコモリズム井上)】

どうも。岡崎さとしです。今日も元気にホームレスしてるよ。

(いや誰だよ?という方は>>こちら

ヒキコモリズム井上さんとの対談記事も3回目。

第1回から見てない人はこちらも合わせてどうぞ。

今回の対談では、ちょっと教育についても話してみたよ。

井上さんはプロひきこもりを名乗ってるし、子育てパパでもあります。こんな感じに。絶対いいパパやん・・・。

プロの引きこもりであり、子育てに奮闘するパパでもある井上さん。

「引きこもり」で「パパ」という2つの立場を持つ井上さん。

彼のところには、学校になじめない子供たちや、その親たちから質問がくることがあるそうで・・・

学校に「行けない」という考え方がそもそもおかしい。

井上さん
学校にいけない代わりに何をさせたらいいか?って質問が来たんですよ。
さとし
へえ、なんて答えました?
井上さん
そもそも学校に行かないことの何が問題なんですか?って。
さとし
それです。だってただ行かないってだけの話ですもんねぇ。というか、わざわざ学校行く必要あるの?って時代じゃないですか。
井上さん
学力をつけたいんだったら、別に学校という手段を使わなくても、通信教育やらなんやらはそろってるわけだし。
さとし
ですです。最近では東京大学で「異才発掘プロジェクト ROCKET」ってのがありますよね。才能を持ってるけど学校になじめない子供たちが、自分の才能を伸ばせる場所をつくるっていうプロジェクト。まさにああいう場所がどんどん増えると思う。学校じゃない場所で学ぶという選択肢があってもいい。
井上さん
ですよね。そもそも「勉強したくない」ってことだったら、本人が好きなことを思いっきりやれる環境作りをすればいいですし。ゲームでも何でも。
さとし
本人が夢中になれば、そこからなんかしらの成果につながりますもんね、今の時代。
井上さん
それを親のエゴとか、親の時代の常識に当てはめようとするから、おかしなことになる。
さとし
学校に「行けない」っていう解釈を変えた方がいいですよね。学校に「行く」は選択肢の一つでしかないんだから、それが本人にあってないなら別の選択肢を選べばいい。やりたいことやってれば、個性になる。

そこを、無理矢理大多数の人間と同じことをさせようとするから、落ちこぼれだとか、社会不適合だとか、障害者とかってことになってしまう。

親世代の「常識」は現代の「非常識」だと自覚した方がいい。

井上さん
親世代が勝手に決めた「普通」に当てはめようとするから、学校に行かない子供を追い詰めてると思うんですよ。

「障害を持ってるんだとしたら、障害持ってるなりにやれることを探せばいいんじゃないの?本人がやりたいことやればいいじゃん。なんでそこを任せないの?」

って言いたい。

井上さん

これ、僕自身の経験からも言えるんです。

僕は病気持ちだったんで、世間的な「普通」にもどそうと必死だったんですけど。それがしんどかったから。

そんな世間的な「普通」なんてほっときゃいいじゃんって思うようになった。

さとし
できないことは無理にやらなくてよくて、本人ができること、やりたいことに集中すればいい。

その過程でどうしても必要なことは、アウトソーシングしちゃえばいいと思う。

井上さん
そそ。
さとし
結構シンプルだと思う。
井上さん
ほんと、シンプルだと思います。

だって、今時ゲームだって仕事になるじゃんって。実況動画、撮り方教えてYouTubeにアップすればそのうち広告収入入るようになるし。

さとし
むっちゃ極めれば、梅原大悟さんみたいなプロゲーマーって道もある。

なんでも極めちゃえば仕事になっちゃうんですよね、現代は。

井上さん
それを、親のエゴで「ゲームばっかりしてるんじゃないよ」とかいって止めるから、どんどん可能性が狭まっていっちゃうんですよね。

本人に合った「環境」を整えることが大切

井上さん
障害って、ファジーなものだと思うんですよ。とくに内面的な障害に関しては。
さとし
発達障害だったり、精神障害だったりってことですよね。

もちろん、「一般的な社会活動」が難しいという面があるのは確かです。

ただ、「一般的な」というあやふやな存在の中に無理矢理入り込もうとするから、障害が障害らしくなってしまう側面はあると思いますね。

本人が生きやすい環境にいれば、障害とは思われないわけで。

さとし
ちょっとニュアンスは異なるかもしれませんが、僕は組織での仕事がまったく続かずすぐにやめてしまっています。あと、睡眠障害もあったりして、健常の人より活動に制限がある。これも、見方によっては社会不適合者ですよね。

でも、こうやって個人で活動するという選択をとれば、不適合ではなくなる。

井上さん
ですね。僕も対人関係がニガテです。まあ、いまこうしてしゃべってるくらいにはコミュ力あるんですけど、根本的に共感力がないんですよ。アスペルガーの要素があるのかもしれません。のめり込んだら邪魔はさせないとか、相手の気持ちとか考えずにズバッと言っちゃうとか。

語弊を覚悟で言えば、人間みんななんかしら障害めいたものを持ってますよね。その表出が強いか弱いかの差で。

さとし
ほんとはグラデーションや色の違いでしかないのに、境界線を引いて「こっから先は障害ね」ってしちゃうから、障害と認識してしまう。
井上さん
ぶっちゃけ健常者って呼ばれるやつにだって、バグってるやつはいっぱいいますからね。
さとし
過激思想の人とか、単純に性格がイカレてるやつとかのほうが、実際こわいと思う。
井上さん
健常者と呼ばれる立場を利用して「マイノリティな人たちをさげすむ考え方」をしてるヤツの方が問題です。
さとし
はい。

「普通」や「常識」は時代とともに変化するし、そもそも存在自体が不確かなモノ。

さとし
あと、いまだに学校教育って、周りと同じことを「させる」って意識が強いですよね。世間的な「常識」とか「普通」を押しつけているというか。
井上さん

「普通」ってのがまず、「どこからどう見て普通なのか」って話ですよね。誰が決めたの?っていう。

そこに当てはまる人が多いから「普通」と呼ばれてるだけであって、外れた人が普通じゃないかっていわれたら、僕はそうではないと思う。

さとし
ただマイノリティだというだけですもんね。
井上さん
そのへんの考え方を大人たちが変えていかないと。
さとし
実際、上の世代の人が振りかざす「普通」とか「常識」のほうが、僕ら世代から見たらよっぽど異常で非常識です。

「普通」とか「常識」なんてのは時代で変わっていくし、存在そのものが不確かなモノだってことを理解してない人は多い。

井上さん

ほんと、そう思いますねえ。

あー、こういう記事もブログに載せたいなあ・・・。

結論。学校に行かないことは選択肢の1つ。なんの問題もない。

というわけで、僕が記事にしてしまいました。笑

学校に「行けない」って考え方がそもそもおかしいんじゃね?ってという意見が一致しました。

僕は大学や前職をドロップアウトした経験があるため、学校という存在について踏み込んで会話することができたことはうれしい。

今回は雑談という形だったけど、もっとピンポイントにテーマを持って対談したら考えも深まりそう。

▽ヒキコモリズム井上さんのブログはこちら▽

ヒキコモリズム.COM

 

関連コンテンツ