この夏おすすめの離島は「孀婦岩」で決まり!上陸できないけどね。

ビジュアルが最強www

スポンサーリンク

こんにちは!さとし(insidesatoshi)です。

離島って憧れますよね。

夏といえば離島。離島といえば夏。

どこかおすすめの離島はないかなあ・・・なんてお探しのあなた!ありますよ!とっておきのやつが!

見よ!孀婦岩の強烈なビジュアルを!!

この夏イチオシ!おすすめの離島、それは「孀婦岩」!!

は?聞いたことねえよって?

ですよねー、なんせ上陸できませんから(←おい)

「そうふがん」って読みます。

伊豆諸島の最南端にある絶海の孤島。

 

Izu islands.png
引用元:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?curid=529259

 

幅は広いところでも50m弱。

なんだ、ただの小さい島じゃんって思いました?

ちっちっち。甘いな。

こやつ、なんと高さ99mあるんですよ!

ほら!

 

Soufuiwa 07 02.jpg
引用元:GFDL-no-disclaimers, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?curid=1000185

ビジュアルが強烈すぎんだろ!

なんかもう、なんでこうなった?聞きたくなるくらいトッキントッキンしてます。

お察しの通り、アクセスがありません。

近くを通る遊覧船から眺めるしかないみたい。

岩ってついてますが、定義上は島扱いになるようです。

どう?ぼくのおすすめの離島。気に入ってもらえました?

スポンサーリンク

日本には7000も島がある。

実感わきにくいんですが、日本には大小7000の島があるんですよ。

そんなにある?って感じるのもムリはないです。

1位の長崎県は971です!上位10県だけでも4000近くある。

その中には、人がいないどころか、アクセスが全くない島も。

日本にいながら、一生存在をいくことのない島がたくさんあるってことです。

知ることのない島だってたくさんある。

日本人でも、知ってる離島なんて、沖縄の八重山諸島とか小笠原諸島くらいなもんですからね。

 

行けない島にはロマンがある。

何でこんなことを急に考えたのにはきっかけがあって、

秘湯図鑑という本に出会ったからなんです。

 

小さな島の物語から、国境や海洋資源の問題まで。島国・日本の本質が見えてくる、33の秘島ガイド!

孀婦岩と出会ったのもこの本。「水平線上の感嘆符」なんて通り名まで付いちゃってる。

日本中の「行けない島」が列挙されてるという、まあ完全に「イッちゃってる系」な内容です(笑)

が!秘島(作者の造語で、孤立した無人島でアクセスのない島を指す)の神秘性みたいなのを感じてしまうんですよ。

ぼくはこの本読んだら、最終的に「日本広いぜ、まだ死ねない」と意味不明な心境になっちゃいました。

人気の離島もイイですが、こういう不思議な力のある秘島を見てみるのも面白いかも。

スポンサーリンク

関連コンテンツ