プロホームレス流・本を断捨離する方法。捨てたいのに捨てられないを防ぐ3ステップ。

どうも。岡崎さとしです。今日も元気にホームレスしてるよ。

(いや誰だよ?という方は>>こちら

今日は、本をかしこく断捨離する方法を3ステップで教えるね

捨てたいのに捨てられないあなたはぜひ参考にしてほしい。

3ステップをざっくりいうと、

  1. その本が捨てられない理由を考える
  2. その本の価値が「情報」なのか「物体」なのか判断する
  3. 「情報」と「物体」それぞれの価値にあった対処をする

だよ。

では、はじめよう。

僕は本を断捨離して、スーツケースとデイパック1つで暮らしている。

僕はいま、紙の本を一切持ち歩いていない。

スーツケースとデイパック1つで暮らすために断捨離したんだ。

もともと整理整頓は得意な方じゃないから、最初は

「何を残して、何を手放せば後悔しないんだ?」

と不安だったんだけど、自分なりにルールを決めたら簡単に整理できたんだ。

今回教える3ステップは、まさに僕自身が本を後悔なく断捨離するために考えた方法です。

さとし
ちなみに、本は持ち歩いてないけど不自由なく読書はできてるよ!

本を断捨離するためのステップ1.本が捨てられない原因を1冊ずつ考える

まずはあなたにとって、なぜその本が捨てられないのか、1つひとつ理由を考えてみよう。

たとえば僕だったら、こんなことが挙げられた。

  • 読み終わってないから
  • 読み終わってるけど、また読みたいから
  • 買ったとき高かったから
  • 有名人のサインが入ってるから
  • デザインが気に入ってるから
  • 思い出の品から
  • 数量限定の本だから

これだけとは限らないので、あなた自身でも考えてみてね。

理由がわかったら、次のステップに進もう。

本を断捨離するためのステップ2.捨てられない本が物体として価値があるのか、情報に価値があるのか判別する

あなたが本を持っている理由は、この2つのどちらかだ。

  • 本という「物体そのもの」に価値を感じている
  • 本に書かれた「情報」に価値を感じている

そして、この2つがごっちゃになってるから、断捨離の時に迷ってしまうわけだ。

迷わず断捨離を進めたいなら、まずはその本が「情報」と「物体そのもの」どちらに価値があるモノなのか振り分けてみよう

ためしに、さっき挙げた捨てられない原因の例を振り分けると、

  • 読み終わってない→必要なのは「情報
  • 読み終わってるけど、また読みたい→情報
  • 有名人のサインが入ってるから→物体
  • デザインが気に入ってるから→物体
  • 思い出の品だから→物体
  • 数量限定の本だから→物体

「買ったとき高かったから」という項目に関してだけは判断が必要。

あなたが高い金額を払ったのが「情報」に対してなのか、「物体」に対してなのか、もう一度考えてみよう。

本を断捨離するためのステップ3.「情報」「物体そのもの」それぞれの価値に合わせた対処をする

振り分けたら、それぞれの本に対して必要な対処をしていきます。

価値を感じるのが「情報」だった場合

本の情報がほしいだけなら、物体、つまり本そのものを持っておく必要はないよね?

だったら、

  • 本の内容をデータ化するか
  • 読み終わったら手放してしまう

のが一番かしこい対処ってことになる。

じゃあ具体的にどうするのかというと、次のような方法がおすすめだよ。

  1. 電子書籍に買い換える
  2. オーディオブックに買い換える
  3. 自分で電子化する
  4. 自分で音声化する
  5. 読んだら捨てるor売る

順に解説していくね。

①電子書籍にできるものは電子書籍にする

手軽なのはもちろん電子書籍で買い直すこと。買い直す金額はかかってしまうけど、確実に断捨離できるよ。何度でも何十回でも読み返せると考えたら、決して高くはない投資なんじゃないかな。

僕の場合、新刊はKindleで単品購入し、旧作はKindle Unlimitedで探すことにしてる。

②オーディオブックに買い換える

本の情報がほしいなら、読むんじゃなくて「聴く」んでもいいわけだ。

オーディオブックサービスを利用すれば、紙の本を音声として持つことができる

僕が使っているのは、

  1. Audible(オーディブル)
  2. FeBe(フィービー)

の2つ。

Audible(オーディブル)は、月額1500円で20ジャンル以上のオーディオブックが聴き放題というサービス。Amazonの傘下です。

1ヶ月無料体験が付いてるから試し聴きが可能なんだけど、AmazonPrimeに新規登録した場合は、1500Amazonポイントもらえます。

つまり、実質2ヶ月無料で聴けるってこと。

以前の特典は「無料体験期間が3ヶ月延長」だったんだけどね。今後もちょっとずつお得感が減っていく可能性ありだから、早く入った方がメリットは大きそう。

AmazonPrimeに入るか迷っているなら今のうちに入ってしまおう。

Audibleの弱点は、ラインナップが少なめで、旧作が多いところ。

このため3ヶ月くらいで気になるタイトルは聴き尽くしちゃったことがある。僕はまさにそんな感じ。早い人なら2ヶ月くらいで事足りるかもしれない。

Audibleを満喫した場合には、FeBeを使おう。

単品購入になってしまうけど、新刊や人気作品がいち早くオーディオブック化されるので重宝するんだ。

僕は基本的に小説中心に購入してるよ。

理由は、小説は複数のキャストが配役されてて、まるでドラマCDのような臨場感があるから。小説読み終えるのが苦手な僕でもさらっと聞き終えられたんだ。

あなたが小説好きなら、新しい楽しみ方になるかもしれないね。

個人的にベストなオーディオブックの使い方は、

  1. AmazonPrime登録して1500ポイント獲得
  2. 2ヶ月間の間にAudibleの気になるタイトルを聞き終わらせる
  3. 聴き終えたらすぐに退会しFeBeを利用する

という順番で利用するのがおすすめ。

③本の電子化サービスを利用する

結構ありがちなのは、持っておきたい本の電子書籍がないってパターン。

専門書のような一生モノの本に限って、電子化されてないんだよねえ。

そんなときは、自分で電子化すればOK。

1冊100円程度からできるので、いったん捨てて、必要になったらまた買い直して・・・とやるよりも断然おトクだよ。

かくゆう僕もお世話になってて、すでに20冊くらいは電子化してる。

オプションでOCR処理(文字をテキストデータとして読み込めるようにする処理のこと)をしてもらってるから、Kindleと同じように目次を検索できて読みやすいんだよな。

④ 自分で音声化する

メチャクチャ手間がかかるけど、自分で音読した音声を残しておくという方法もある。

暗記モノなどは、自分の声の方が記憶に残りやすかったりするので、1つの選択肢としておぼえておこう。

⑤読んだらすぐ捨てるor売る

一度読めば十分な本は全部捨てる(捨てる)!と自分の中で決めておくと、判断がスムーズになる。

僕は新刊であれば、購入と同時にメルカリに出品してしまう

新刊はかなり高めの値段で買い手が付き、結果的に安く読めたことになるんだ。

価値を感じているのが「物体そのもの」である場合

あなたがその本を「物体として」価値を感じているなら、

  1. 残す
  2. 部分的に残す
  3. 預ける

の3つから最適な対処を選ぼう。

順に解説していくね。

①本棚に残しておく

僕は家がないので、本棚に残すって選択肢はあり得ないんだけど、たいていの人は住居を持っているはず。なのでこの選択肢も十分あり。

工夫するとすれば、いかに省スペースに納めるかってことになると思う。

省スペース用の本棚に収納すれば、部屋の中がすっきりするよ。

 

 

②トランクルームに預ける

「この本は断捨離できない!でも本棚に収まりきらない」

という場合にはトランクルームに預けよう。

トランクルームというのは、月額料金で借りられる倉庫のこと。

取り出すときに手数料はかかるものの、思い出の品の類いはそうそう取り出す機会がないので高くつくことはないんじゃないかな。

住居に十分なスペースがない、もしくは僕のように家がない場合には、かなり役立つ方法です。

個人的にかしこいなぁと思うのは、サマリーポケットというトランクルームサービスに預けること。

サマリーポケットは

  • 月額400円から預けられる
  • 荷物の出し入れはぜんぶ宅配便で行える
  • 注文も在庫チェックもスマホ1つで管理できる

というサービス。

思い出の品のように、

滅多に取り出さないけど捨てられない

というものを預けるならとても便利だと思う。

③部分的に残す

かなりマニアックな方法だけど、

  • 写真だけ切り抜いてファイリングする
  • 分解してカバー(or紙の部分)だけ保存する

といった、一部分を残しておくという方法もあるね。

本って分解できるの?と思うかもしれないけど、本の背を固定してる樹脂は、アイロンで加熱すれば溶けて分解することができるよ。

さあ、本の断捨離をはじめよう。

今日は本を断捨離するコツをプロホームレス流にまとめたよ。

もう一度まとめると、

  1. その本が捨てられない理由を考える
  2. その本の価値が「情報」なのか「物体」なのか判断する
  3. 「情報」と「物体」それぞれの価値にあった対処をする

だよ。

本を捨てたいのに捨てられないと悩んでいるなら参考にしてみてね。きっと役立つはずだよ。

ではまた。

関連コンテンツ