ブログが読まれない13の原因と解決策をまとめたよ。

ブログを見直してみよう。

スポンサーリンク

どうも。さとし』です。

(いや誰だよ?という方は>>こちら

毎日更新してるのに、
全然ブログが読まれない…。

その場合、だいたいこれらのことが原因になってます。

さとし』
この機会に見直してみようぜ!
意外と見逃してること多いかもよ?

 

ブログが読まれない原因1.タイトルが悪い

ブログって、
本文よりまずタイトルなんだよ。
マジで、ほんとに。

理由は2つ。

  1. 検索で表示してもらうため
  2. 読者に興味を持ってもらうため

読者があなたのブログにやってくるのは、
検索」か「SNSのシェア」がほとんど。

検索で表示されるためには
タイトルに検索キーワードが含まれている必要があるし、
SNSでシェアしてもらうためには
「おっ!?」と思われるキャッチーなタイトルが必要なわけです。

たとえばこんなタイトル。

『7月24日、午後は雨だけどピクニック。』

さとし』
…だからなに?知らんがな。

って感じだよね。

これ、書いてるのが
トップアイドルとかだったら
読まれるんだろうけども、

何者でもないあなたが
このタイトル付けたところで
だれが興味持つんですか?
っていう。

あなたが何か記事を読むときってどういうとき?

そう、

  • おもしろそ!
  • メリットありそ!
  • 何言ってんだ?この人!

と思ったときだよね。

たとえば、
上のタイトルを、

『ピクニックするときに持っておくべき雨対策グッズベスト5』

『雨の日にピクニックしない人が人生損してる3つの理由』

なんてのだったら、
さっきより断然読みたくなるでしょ?

ブログが読まれないなら、
タイトルを見た瞬間に興味を引けてるか?

まずそこをチェックしてみて。

キャッチコピーの付け方なんかを学ぶなら、このへんの書籍を読みといいよ。
ぼくはこれらの本に書いてあることをいつも意識してる。

ブログが読まれない原因2.キーワードの選び方が悪い

ブログ読者はキホン、
検索からやってくることが多いです。

つまり、
検索で表示してもらえないことには、ブログに読者はついてくれないってこった。

ブログが読まれない人はここの意識が低い。はてなブログとか、大手のブログサイトを利用してるととくにね。

キーワードを狙ってるはずなのに、読者が来ない…というひとは、この2つのどちらかが原因だよ。

検索のないキーワードを狙ってしまっている

そもそも検索されてないキーワードなら、どんなに良い記事を書いても読んでもらえません。

その情報をほしいと思っている人がいないわけだから。

競合のありすぎるキーワードを狙ってしまっている

検索はされてるけど、
たくさんのサイトが狙っているキーワードでは、上位表示することは相当むずかしい。

とくに、
大手企業サイトなんかがお金をたくさん使って作り込んだ記事が上位表示されてる場合は地獄だよね。

スポンサーリンク

ブログが読まれない原因3.ターゲットが不明確すぎる

記事は基本的に
誰かひとりに向けて書いたほうがいいよ。

だれに向けて書いた記事なのか?が明確になっていないと、読者は
「これは自分が読む記事じゃないな」
と思ってすぐに去っちゃいます。

反対に、「このひとは自分に向けて書いてくれてるんだ!」と思ってもらえれば、プロフィールに興味を持ったり、他の記事も読んでくれる。
つまり、あなたのファンになってくれる可能性が高くなるってことだね。

ブログのファンを増やすにはどうしたら良いのか?って話はこちらで5000字以上かけて解説してあるから、チェックしてみてください。

 

ブログが読まれない原因4.文章量が少なすぎorダラダラ多すぎ

中身のある記事を書こうとしたら、
文章量はそこそこ必要になる。

100字くらいしかないひとことポエムみたいなのを量産しても、検索に表示されないっすよ。

ぼくはごくまれに短文を入れるけど、
その場合はSEOで悪い評価を受けないようにnoindex(Googleの評価から外れるように設定)してる。

検索に表示されることを想定すれば、
最低1000字以上はほしいところ。

だからといって、
ダラダラと長ったらしい文章も飽きられちゃうので、水増しするのもダメ。

あくまで、中身のある文章で長さを確保するようにしよう。

ブログが読まれない原因5.文章が構造化できていない

現代人はサクサクッと読めるものしか読みません。あなたもそうでしょ?

じゃあ、具体的に何すりゃいいの?ってなると思うんだけど、要するに
「見出しをいれよう」ってこと。

見出しを入れれば、

  1. 見出しを見ただけで文章全体に何ががいてあるのかざっくり分かる
  2. 読みたいところだけピックアップして読める
  3. SEO対策になる

ちなみに、最近は本ですら読みやすさ重視の傾向があるみたい。

たとえば堀江貴文さんの「多動力」。

発売2ヶ月足らずで20万部を売り上げてるベストセラーなんだけど、

慣れた人なら30分で読めるように構造化されてるんだって。

本でこれなんだから、
ネットならもっと意識しないとだよね。

ブログが読まれない原因6.一文が長すぎ

これ、けっこうやってる人いる気がする。

例えばこんな文章。

僕は卓球が大好きなんだけど、何が好きかっていうと、あのスピード感があってダイナミックな動きをする感じとか、100メートルを全力疾走しながらチェスをするようなスポーツって言われるような頭脳戦があるとことか、年齢関係なく競技に参加できるとこで、今はまだまだマイナー競技だけど、これからもっと広がっていってほしいと思います。

さとし』
長ったらしくて読む気がしねえ☆
って感じの文章ですね。

一文が長いと、
何言ってるのか読み取りにくなるから
読んでいてすんげえつかれる。

僕は感覚的に、
句点(、)が3つ以上付いちゃうような文
はさけるようにしてる。
(まくしたてるような口調を表現したいときにわざと長くすることはある)

同じ内容でも、
細かく切るだけでかなり読みやすくなるよ。

僕は卓球が大好き。

理由は、

  • スピード感があってダイナミックだから
  • 頭脳戦があるから(100メートルを全力疾走しながらチェスをするようなスポーツといわれる)
  • 年齢関係なく競技に参加できるから

です。

今はまだまだマイナー競技。
でも、これからもっと広がっていってほしいと思ってます。

スポンサーリンク

ブログが読まれない原因7.改行の仕方が悪い

このブログも
80%くらいはスマホから読みに来てる。

ということは、
スマホで読みやすいように改行したほうがいい
ってことになるね。

PCで書いた文章をスマホで見ると、
変なところで改行されちゃったりする。

たとえば「、」の1文字だけ左端にきて改行されちゃったりとかね。

あれ、地味に読みにくいんだよ。

ブログが読まれない原因8.何が言いたいのか分からない(話題が脱線しすぎ)

文章量を確保したい!
と思うあまりに、どんどん話が脱線してしまうってのもよくあるパターン。

っていうか、
僕も最初の頃よくやってた(笑)

1つの記事にいろいろ書いちゃうと、読者は
「えっと、結局この記事って何が書いてあるんだろ?」
と混乱しちゃう。

だから、
1つの記事で書くテーマは1つに絞るのがキホン。

脱線しちゃった部分は、
別記事に分けたほうがいいよ。

ブログが読まれない原因9.サイトデザインがダサい

人間は第一印象で判断する生き物なので、
ぱっと見の見た目は大事。

そこまでこだわりすぎる必要はないけど、
「うわ、このブログゴチャゴチャしてて汚いな…」
と思われるのはさけたほうがいい。

どこを見ても
アドセンス広告やらなんやらの広告が
ベタ張りされてるなんてのはダメ。

どこぞの2ちゃんねるまとめみたいな、
ゴシップ記事をまとめたサイトだと思われるよ。

今後は
広告感を出さないことがとても大事なので、露骨に売り込む感じはさけましょう。

ブログが読まれない原因10.文章の装飾がハデすぎ

こっちは文章のデザインの話。

たとえばこんな文章は読んでいてどう?

僕は卓球が大好き

理由は、

  • スピード感があってダイナミックだから
  • 頭脳戦があるから(100メートルを全力疾走しながらチェスをするようなスポーツといわれる)
  • 年齢関係なく競技に参加できるから

です。

さとし』
なんかうざい☆

って感じだよね。

僕は

  1. もっとも重要な部分は太字+赤字+マーカー線
  2. 重要な部分は太字+マーカー線
  3. やや強調したいところは太字
  4. ごくたまに気分でデカ文字

くらいにとどめています。

あと、漢字が多いとかもダメね。

ネットに来る人はあなたの記事を読もうと思ってきてません。
「堅苦しくてわかりにくい文章が好き!」みたいなもの好きを集めたいっていう、明確な意思があるならともかく、たんに
「俺こんなに漢字知ってるんだぜ!アタマ良いでしょ?」
みたいな文章は99%ただの自己満足でしかない。
「いや、わかりにくいんで興味ないっす」
って思われて終わるよ。

 

ブログが読まれない原因11.話が抽象的すぎる

抽象的な話ばっかりなのも読まれません。

自分の体験とか、
わかりやすいたとえ話とかを間に挟んで
イメージできるようにしてみて。

 

ブログが読まれない原因12.個性が見えない

ブログっていうのは
作者の人間性が見えるのが醍醐味
なわけだよね。

記事の中に
その人の考えとか体験談が入ってるから読んでいておもしろいわけ。

ただ情報を羅列してる文章って、
その記事読んではいさようならってなっちゃう。

読者がファンになりにくいんだよ。

薄い読者しか付かないわけだから、
長期的に見たときにブログが成長しなくなる。

 

ブログが読まれない原因13.ドメインが弱い

ブログ作ってすぐは、
ドメインの評価が低いために検索で上位表示されにくい。

だから、
ブログ開設しました→記事書きました→はいすぐに上位表示!
ってワケにはいかないんだよね。

少なくても
3ヶ月~半年くらいはたいして読まれない
と割り切ったほうがいい。

 

まとめ

今日は、読まれないブログの原因をまとめてみたよ。

記事を更新してるのに一向に読まれていかない…
という人は参考にしてみてね。

僕もまだまだ未熟だけど、
日々改善していくのでよろしく。

 

さとし』に無料で質問できるLINE@の登録はこちら!
働き方のこと、ブログのこと、お気軽にどうぞ~。

さとし』のLINE@の詳細は>>こちら

 

関連コンテンツ