親友と友達の違いなんてない。ムダな区別をやめて人間関係をシンプルにしよう。

友人関係はボーダーレスにしましょ。

こんにちは!さとし』です。

(いや誰だよ?という方は>>こちら

 

「あなたには親友と呼べると友人がいますか?」という質問文、よく目にしますよね。

あれ、ぼくには質問の意味がよくわかりません。なんのこっちゃ!という感じ。

ぼくには親友はいないし、これから作る気もありません。

「なんて寂しいやつだ」って?いやいや、ちがうんだよ。

ぼくは「親友」と「友達」の違いを考えたことがないし、わざわざ境界線を引く意味も感じないんです。

みんななんで気にするんだ?と言いたいんだけど、どうやらぼくの感覚の方がめずらしいらしい。

でも見わたすと、
「親友だと思っていた人に裏切られた」
「親友と呼べる人がいなくて寂しい」
みたいな悩みを抱えている人がいる。
親友と友達の違いを考えることで、悩みがふえちゃってる人が多いような気がするんだよね。

ところがどっこい、ぼくはというと友人関係はシンプルだ。
やきもきすることはほとんどない。

ということはつまり、

親友と友達の違いなんて区別しないほうが、人間関係をシンプルにできる

ってことだよね。

何言ってるんだおまえは!という人のために、ぼくの考えを掘り下げていきます。

 

そもそも人間関係は連続的に変動するもの。親友と友達の違いを作ってもメリットがない。

ぼくは、わざわざ親友と友達の違いをつくることに意味なんてないと思います。
人間関係は「連続的に変動するもの」だから。

仲いい友達だって距離感は変わる。
物理的に距離が遠くなって疎遠になることだってありえるし、社会的な立場が変わって疎遠になることもあるんですよ。

みんなはその都度、「この人は疎遠になったから今日から親友じゃない」とか「この人は今日やさしかったから親友だ」とかやってるのだろうか。あれか、どこぞの恋愛ゲームと同じシステムか。今日の好感度チェック!みたいな。

それって、あんまりやってもメリットがあるようには見えないんだよなー。

 

親友と友達の違いをつくると、人間関係が複雑になる。

親友とただの友達の違いをつくってしまうと、

「あの人はあんなことをしてくれたから親友に格上げ!」
「こいつはこんなことをしたからただの友達!」

といちいち判別することになりますよね。

さらに、

「この人は親友だからここまで話そう」
「この人はただの友達だから頼みごとはしてはいけない」

みたいに、ムダに扱いをかえなくちゃあいけない。

自分で自分の人間関係のルールを複雑にする必要があるわけだ。

 

親友と友達の違いをつくると、相手の評価が減点方式になる

このルールのやっかいなのは、ルールに破られるとストレスになること。
自分で勝手に作ったルールなんだから、そもそも相手に守る義理なんてないんだけど、

「親友だと思っていたのに裏切られた!」
「親友なのに冷たいやつだ!」

という気持ちが生まれてしまう。

勝手に定義づけしておいて、その枠からはみ出すなと怒ってる人を度々見かける。冷静に考えたら意味不明じゃないだろうか。

わざわざ「親友」という格付けをするから、相手の評価が減点方式になっちゃうんだ。

「こうしてくれるはず」という期待値が大きければ、相手の評価は減点方式になる。
んで、当然相手に守る義理なんてないんだから、大量に減点されるポイントが出てくる。
それを勝手に「裏切られた」と解釈する。
完全に自滅なんだよね。
自分で作ったルールで自分を苦しめてしちゃってるんです。

 

親友と友達の境界線をひかなければ、加点方式になる

最初から親友と友達の定義自体をなくしちゃえば、他人を加点方式で評価できるようになるからトク。
過度な期待をしないから、相手の行為を前向きに捉えられるようになるんだ。
そう、いちいち気を揉める必要もなくなるわけですな。

期待しないっていうとなんか味気ない感じがするけどむしろ逆。

はじめに期待のハードルが低いぶん、だれかが自分のために何かしてくれたとき、

「えっ!?そんなことしてくれるの!?マジかよありがとう!!」

と心から喜べる。相手の小さな思いやりにも、ごく自然に感謝できるんです。

どう?このほうがずっとシンプルな人間関係にできると思いません?

 

親友と友達の境界線はない。あるのは自分か他人かだけ。

じぶん以外は、しょせんみんな他人。

ヒミツにしたいことだってあるし、意に沿わない行動をすることもある。そんなのあたりまえなんですよ。あなたのことなんか、あなた以外にわかる人なんてないんだから。突きはなした言い方だけど、事実なんだからしゃあない。

結局、みんな他人に期待しすぎなんだよ。

 

親友と友達の違いをつくって区別したくなるのは、安心がほしいから。

みんながそこまでして「親友」を作りたいのは、じぶんには特別な存在がいるんだぞ、と安心したいからじゃないだろうか。

カタチあるものとして誰かに信用を担保してもらわないと不安になっちゃうから、「親友」というわかりやすい対象をおいておきたいという。

でもじつは、その行動がかえって人間関係に不安を与える原因になっている。ちがうかい?

 

親友と友達の境界線をなくして、人間関係をシンプルにしよう

ぼくは、裏切られたとか、そういう悩みはほとんど持ったことがありません。期待というバイアスをはずすことができているからです。

期待していないから。親友がいないから、誰でもある程度信用できるし、疑うこともできる。

そして、期待しないからこそ、相手の行動に対して前向きに捉えることができるんですよ。

親友だから信用する、親友じゃないから疑う。という偏った判断はもうおわりにしよう。

むやみに他人をカテゴリーわけしないほうが、結果的に人間関係はシンプルになるんだから。

関連コンテンツ