ド素人のあなたも一瞬でプロの腕前に!読まれる記事タイトルの付け方5ステップ!

タイトルで心をつかめ!

スポンサーリンク

 

どうも。さとし』です。

(いや誰だよ?という方は>>こちら

今回は、記事タイトルの付け方について話すよ。

あなたが、

  • ブログはじめたばかりで、良いタイトルが思いつかない
  • ブログ続けてるけど、検索から読まれない
  • 記事をSNSに流してるのに、まったく反応がない

と感じてるなら、この記事はきっと役に立つはず。

さとし』
次の5ステップをクリアすればプロ級の記事タイトルを付け方をマスターできるよ!

では、はじめよう。

ステップ1.そもそも、なんで記事タイトルの付け方が重要なの?理由を理解しよう。

ブログはタイトルが8割

読者さん
なんで記事タイトルの付け方が重要なの?本文じゃないの?

残念だけどこれはまちがいだ。

ブログ記事が読まれるかどうかは、8割タイトルの付け方で決まるんだよ。マジで。ちっとも大げさじゃないからね。

タイトルの付け方が悪いブログ記事は、見た目の悪い人間と同じくらい損をする

ブログ記事を人でたとえるなら、こうだ。

  • タイトル = 見た目
  • 本文 = 中身

初対面の人がもし、すんごいブサイクで、服装もダサくて、体臭きつくてガラも悪かったら、どうする?

中身がどうとか関係なく距離取っちゃうよね。マザーテレサみたいな聖人かよほどもの好きじゃない限り。

ブログ記事も同じ。

あなたも僕も心当たりありまくりだと思うんだけど、記事タイトル見て

「これ役に立たなそうだな」

「つまらなそうだな」

と感じたら、本文を見る前にスルーしちゃう。

ようするに、読者は

「パッと見で興味を持ったもの」

しか読まないわけだ

あなたの書く記事だけ例外ってことはありえないよ。

実際に「悪い記事タイトルの付け方」を見て、原因を理解しよう

せっかくだから、例をあげながら説明していこう。

まずは最悪な例から。

 

9月30日】記事タイトルをつける練習。

 

 

…どう?これ、読みたい?

僕だったら、こんなふうに思うかな。

さとし』
どこの馬の骨ともわからんやつの日記なんて興味ねえよ

たぶんこれ、あなたも同じこと思ったはずだよ。

じゃあ、このタイトルがなんで読む気にならないかというと、さっき言ったように

  • この記事から何が得られるのかわからない
  • 自分が読む意味があるのかわからない
  • 単純につまらなそう

だから。

残念だけど、こんなてっきとーな記事タイトルを付け方をしても読まれるのは、アイドルとか有名芸能人くらいなもんです。

だから、あなたが本気で読まれるブログを作りたいなら、本文よりもまずタイトル

読者が見た瞬間に

「これは読んだらいいことありそうだぞ!」

と思うような記事タイトルを付けよう。

話はそれからだよ。

ステップ2.これは役に立つ!と一目でわかる記事タイトルを付けよう

ステップ1.で話した通り、記事タイトルは読者が読みたい!と思うようなものにしなくちゃいけない。

そのためには、まずは次の条件を満たすような記事タイトルの付け方を意識してみよう。

  1. 一目見ただけで何が書いてある記事がわかる
  2. 誰に向けて書かれた記事かがわかる
  3. 記事を読むと何が得られるのかわかる

さっきの例を修正してみるとこうなるよ。

読まれるブログを書きたい人におすすめの記事タイトルの付け方を紹介

こうすると

  1. 「記事タイトルの付け方」がテーマ
  2. 読まれるブログを書きたい人にむけた記事
  3. タイトルの付け方を理解できる内容

だと一目でわかるようになるね。

【注意】記事タイトルと内容は一致させよう

ここでひとつ、注意してほしいことがある。

それは、

文章と内容は一致させる

ということ。

極端な話、タイトルは「おすすめのラーメン屋」なのに本文が「ディ○ニーランドに行った話」が書いてあったら困るよね。

いくら良いタイトルを付けたとしても、本文の内容が関係なかったらそれは役立たずな文章ってことだ。

読者さん
なんだこのふざけた記事は!プンスカ!

と、二度とブログを読んでくれなくなるかもしれない。

こんなことになったら目も当てられないから、本文と内容は必ず一致させるようにしよう。

…話を戻そう。

ステップ2で、わかりやすいタイトルを付けられるようになりました。

でも、まだまだこれじゃ不十分。

多くの人に読まれるためには、記事が読者にきちんと届く工夫をしていかなくてはならないんだ。

ステップ3では、その対策をしていくよ。

スポンサーリンク

ステップ3.記事タイトルをSEOに最適なかたちに整えよう

ステップ2で「何が書いてある記事か」のはっきりしたタイトルの付け方を学んだ。

つぎは、きちんと読者に届くような記事タイトルの付け方を学んでいく。

つまり、SEO(検索エンジン)に強い記事タイトルにしていくってことだね。

さとし』
SEO対策はきちんとやらないと、読者があなたの記事にたどり着いてくれないよ!きちんとやっておこうね!

①SEOキーワードを入れる

読者は、基本的にGoogle検索を使って記事にたどり着くよ。あなたも、何か情報を探すときはそうしてるんじゃないかな?

で、検索で一番上の方(上位)に表示されるのは、検索キーワードがタイトルに含まれている記事だ。

つまり、読者に記事を見つけてもらうには、Googleで検索されるキーワードが記事に入っている必要があるってことだね。

読まれるブログを書きたい人におすすめの記事タイトルの付け方を紹介

この例だと

「記事タイトル 付け方」

という検索キーワードがあるから、①の条件は満たしてるね。

②32文字以内のタイトルにする

記事タイトルは、できるかぎり32文字以内に抑えよう

理由は、それ以上長いと、検索したときに表示されるタイトルが途中で切れちゃうから。

たとえばこの記事。

記事タイトルが長いと最後まで表示されない

記事タイトルが最後まで表示されず『…』となってしまってるね。

途中で切れてても、SEOの効果はきちんとある。でも、読者からみればきちんとタイトルが全部書いてあるほうがわかりやすい。

さっきの例をつかってみよう。

もし、検索して表示された記事がこうなってたらどう感じる?

これから読まれるブログを書きたい人におとどけする、おすすめの記事…←とぎれてる

読者さん
え?「おすすめ記事の…」何なの?何が書いてあるの?

って感じるはずだ。

すぐ下に同じ内容の記事があれば、そっちの記事に流れてしまう可能性が高くなる。それはもったいないよね。

というわけで、こんなふうに修正してみよう。

読まれるブログを書きたい人におすすめの記事タイトルの付け方

うん、これなら32文字以内にまとまってる。

③キーワードはできるだけ左側に配置する

SEO的には、キーワードが左側にあった方が良いとされている。

たとえば

読まれる記事タイトルの付け方を紹介!ブログ初心者は必読です

というふうにすると、意味は変えずにキーワードを左に配置することができるね。

④数字を入れる

数字を入れるだけで具体的になるため、興味がわきやすくなるよ。

たとえば、

  • 記事タイトルの付け方
  • 記事タイトルの付け方5ステップ

ではどっちが気になる?おそらく後者じゃないかな?

数字が入るだけで5つのステップってなんだろう?

って感じでくるから不思議だよね。

ステップ4.記事タイトルにSNSで読まれやすくなる要素を加えよう

SEOは、上位表示されるまでに時間がかかる。つまり、更新してすぐには読まれにくいんだ。

でも、せっかく書いた記事は、できるだけ早く読んでもらいたいよね?

SNSを利用すれば、更新してすぐ読者のもとに記事を届けることができる。さらに、拡散してもらえるチャンスもある

そのかわり、記事がすぐに流れてしまいやすい。なので、読者がはじめて見た瞬間に思わずクリックしてしまうような、心を揺さぶるタイトルにしておく必要があるよ。

このステップでは、SNS向けのタイトル付けをしてみよう。

①カンタンにできそう感を出す

「おっ、カンタンそう!」っと思うような言葉を入れるという方法。

人間ラクして得られるほうがいいわけだから、「カンタンにできるよ」とひと言添えてあるだけで興味がひかれる。

この2つだったら、あなたはどっちを選ぶ?

  • 読まれる記事タイトルの付け方
  • 初心者でもすぐできる!読まれる記事タイトルの付け方

気になるのはおそらく後者じゃないかな?

左側にキーワードをおくとは矛盾しちゃうけど、これでも上位表示されることはある。

  • サルでもわかる!
  • 5分でわかる!
  • これだけやれば安心!

みたいなやつね。

ちなみに、この記事のタイトルもこのパターンを使ってる。

そう、『ド素人でも一瞬でプロ級の腕に!』っていう部分だね。

②具体的なターゲットをタイトルに入れる

具体的なターゲットを記事タイトルに入れることで、そのターゲットに

読者さん
これ、自分にあてはまってる!読んでおこう!

と思わせることができる。

  • 29歳までに知っておきたい
  • ブログはじめて1ヶ月以内の人は必見

など、具体的であればあるほどインパクトは強いよ。

しかも、ふしぎなことに関係ない人まで興味が湧いちゃうっていうね。

③権威付けする

偉い人や有名人の名前を入れると、

「あの人が使ってるなら私も!」

「そんなすごい人が使ってるならすごい商品なのかな?」

と思ってもらえる。

  • ガッキーも使ってる!
  • 孫正義氏が絶賛!
  • ミシュラン三つ星獲得!

なんて書かれていたら気になるよね。

④認知的不協和

矛盾した言葉を見ると、人って違和感を感じ興味を持つ。これが認知的不協和。

これを利用すると、読者の目を思わず止めることができるってわけ。

たとえば

「バカとヤンキーが1番東大に受かりやすい理由」

とかね。

バカとヤンキーが東大に受かる」なんて普通だったらありえないのに、「1番受かりやすい」と書いてある。

めちゃくちゃ怪しいけど、「なんで?」って読みたくなるでしょ?

⑤煽る

文字通り、煽って興味を持たせる方法。

  • 知らないとはずかしい
  • まだ東京で消耗してるの?

みたいなのがあるね。

【注意】詐欺だけはするなよ!

ステップ4で紹介した方法は、あくまでテクニックの部分。

いくらキャッチーになるからといって、内容はまったく伴わないようなタイトルはやめたほうがいいよ。

たとえばこんなのは、さすがにウソだってすぐわかる。

飲めば5秒で30キロやせる究極のダイエットサプリ

「なにこれ詐欺じゃん」と思われたら、サイト全体の信用をなくしてしまうよ。

せいぜい「チョイ盛り」くらいでやめておこうね。

【ウラ技?】SNSとSEOの両方で読まれるためのテクニック

読者さん
ステップ3で「キーワードは左側に配置する」っていってたのに、ステップ4のような言葉を入れたら右側に行っちゃうよ?大丈夫なの?

たしかに、気になるところだと思う。

結論から言うと、本文が良質なコンテンツであれば、キーワードが右側にあっても上位表示は狙えるよ

それでもやれるだけのSEO対策はやっておきたい!という場合には、次のようなことを試してみて。

①最初にキャッチーな言葉を付けたタイトルにし、あとでSEO向きに修正する

記事をアップしてすぐは、SNSウケするキャッチーな言葉を使ったタイトルにしておき、落ち着いたらSEO向きのタイトルに修正するという方法。

こうすれば、最初にSNSで読まれつつ、タイトルを修正することでSEOの強さも保つことができるよ。

ただし、地味にめんどくさいんだよね。いちいちタイミングを見てタイトルを変えなきゃいけないわけだから。

でも安心して。あなたがもしWordPressを使ってるなら、もっと楽な方法があるよ。

②「All In One SEO Pack」プラグインでタイトルを別々に設定する

All in one SEO packというプラグインを使えば、ブログと検索エンジンで別々のタイトルを設定することができるよ。

方法を紹介しておこう。

まず、あなたがいつもタイトルを付けてる場所に、【ブログ上で表示したいタイトル】を書く。

いつもの場所に書いた記事タイトルはブログ上で表示される

つぎは【検索エンジン上に表示したい記事タイトル】の設定。

All in One SEO Packを導入していると、エディットページの下のほうに専用の窓が表示されるよ。

「メイン設定」というところを選択して、「タイトル」とかかれたボックスに【検索エンジン上に表示したい記事タイトル】を入力しよう。カンタンだね。

検索エンジンで表示させるタイトルは別に設定できる

これで、ブログ上と検索エンジン上で表示されるタイトルを分けることができるよ。

さらに!なんと、【SNS上に表示する記事タイトル】も設定できる

こっちもカンタン。

「ソーシャル設定」を選択して、「タイトル」のボックスに【SNS上に表示する記事タイトル】を入力すればOK。

SNSで表示されるタイトルも個別に設定できるよ

これで、

  1. ブログ上
  2. 検索エンジン
  3. SNS

で別々に記事タイトルを表示されるよ。

便利だから試してみるといいかもね。

スポンサーリンク

ステップ5.自分の個性を出そう

ステップ4.までクリアすれば、あなたの記事タイトルを付ける力はプロ級だと言えるよ。

でも僕は、これからさらにもうひと手間加えることが必要になると思ってる。

なんでかっていうと、ステップ4.までの段階では、個性がないから

どうしても、他の人と同じようなタイトルになってしまうんだよね。

あなたが個人で戦っていきたいなら、可能な限り個性がある、あなただから付けられるタイトルにしていきたいところ。

そこで僕は、こんな工夫を加えるようにしてる。

①語尾を変える

どうしてもSEOキーワードを入れると表現の幅は限られちゃう。唯一変えられるのが語尾なんだ。

たとえば、こんな感じ。

  • 『○○な5つの理由』
  • 『○○な5つの理由を教えてやんよ!』

後者のほうが、ちょっぴり個性が出るよね。

さとし』
ほんのひと手間だけど、こういうのがじわじわ差別化につながると思うんだ。(僕だけ?)

②自分の実績で権威付けする

ステップ4.で出てきた権威付けとちがうのは、他人ではなく自分の実績や立場をつかうってこと。

たとえば僕は、こんなタイトルを付けたことがある。

20万PVという自分の実績を入れることで、「この記事の作者ってすごい人だな」と思ってもらえるんだ。

え?ちょっとあざといって?いいんだよ、このくらいやっといたほうが。今のご時世「能ある鷹は爪をチラ見せ」が必要なんだからさ。笑

まとめ

今日は、読まれる記事タイトルの付け方を解説しました。

もういちど5つのステップをまとめておくと、

  1. 記事タイトルの重要性を理解する
  2. 一目で何が書かれた記事か伝わるようにする
  3. SEOに最適な形にする
  4. SNSで読まれやすくなる要素を加える
  5. 個性を出す

です。

この記事の通りにやれば、読者の心に刺さるタイトルを付けることができるし、読まれるようになるはずだよ。

もちろん、全部の要素をタイトルに詰め込むことはむずかしいから、ステップ1から優先してとりいれてみてね。

さとし』
さあ、さっそく今日から試してみよう。読んだだけでは何の役にも立たないので!

 

さとし』に無料で質問できるLINE@の登録はこちら!
働き方のこと、ブログのこと、お気軽にどうぞ~。

さとし』のLINE@の詳細は>>こちら

関連コンテンツ