「9h(ナインアワーズ)京都」に宿泊!宇宙船のようなベッドに、僕は快眠を誘われた。

スポンサーリンク

どうも。岡崎さとしです。今日も元気にホームレスしてるよ。

(このブログの筆者については>>こちら

京都四条に、近未来的な空間がありました。泊まってきたので紹介します。

では、はじめよう。

スポンサーリンク

9h(ナインアワーズ)京都とは?

9h(ナインアワーズ) 京都は、京都の繁華街である四条にあるカプセルホテルです。

9h(ナインアワーズ)の由来はつぎのとおり。

ビジネスユースの場合、ホテルでの滞在時間は、約9時間から10時間といわれています。それ以上でも、それ以下でもない。ホテル滞在は、シンプルに、自分らしく過ごす時間であってほしい。9hは、7時間の睡眠に、前後1時間の休息と身づくろいを加えた宿泊概念です。

引用元:9h(ナインアワーズ)公式サイト

9h(ナインアワーズ)京都の外観

外装はシック。黒い外壁に、白を基調とした内装が映えるシンプルな見た目です。

夜になると、近未来な雰囲気に。

清潔感があります。

9h(ナインアワーズ)京都の内観・設備

9h(ナインアワーズ)の館内は、とにかくムダを省いた構造だなという印象でした。

地面に案内が書かれていて、『ロジックツリー』みたいになってる。

つまり、館内のどこに行くにも最短距離で行けるようになっているんです。

ホテル内の移動が無駄なくできるように工夫された設計。

1階はフロントと共有スペースがあります。

共有スペース

2階には女性専用共有スペースがあるそうです。

仕事目的で利用する人が多いらしく、平日でも夜になると満席になってしまいました。

飲食スペースも兼ねてるのですが、ちょっと不便かも。

ロッカールーム

受付を済ませたら、男女別に行き先の異なるエレベータに乗り、ロッカールームに行きます。

男性は9階。女性は3階。

ロッカールームの様子。

宿泊者は一人1つロッカーを利用することができます。

面白いのは、鍵。なんとQRコードキーで開けるのです。

受付で渡されたコードをかざすと、

解錠。

中にはバスタオル、フェイスタオル、歯ブラシ、ルームウェアが用意されています。

2段に分かれていて、下の段にスーツケースを置くことができます。

ただし、狭いのであまり大きいサイズは収納できません。大きな荷物は1階に預けることになりそう。

あとは、ロッカーの幅自体が狭いので、隣に人がいる場合は荷物の整理がしにくかったです。

そういう意味では、手ぶらに近い状態でいって、必要なモノは現地調達、みたいな人が向いてる施設かも。

9h(ナインアワーズ)京都のカプセルルーム

9h(ナインアワーズ)のカプセルルームはほかでは見られない雰囲気です。

だってこれだよ?

まるで宇宙船。

SFの世界に迷い込んだかのような気分になる。

脚を投げ出すと、宇宙を漂っているかのような錯覚に、、、というのは言い過ぎか。

左右に付いたくぼみは、ロッカーキーや靴箱のキー、スマホなど、ポケットの中身を置いておくのにちょうどいいスペースです。

素晴らしきは目覚まし時計

もっとも感動したのはこれ!目覚まし時計。

え?普通のじゃないかって?

実はこの時計、光目覚まし時計なんです。頭上の照明と連動してる。

カプセルホテルやゲストハウスの中で目覚ましをかけると、ほかのお客さんにも聞こえてしまいます。音の出る目覚ましは使いにくい。

とはいえ、朝早くから行動しなきゃいけないって人にとって、目覚まし時計が使えないのは辛いっていうのも、また事実。

で、9h(ナインアワーズ)京都のカプセルユニットは、「目覚ましを使いたいけど使えない」という葛藤を解決してくれるものでした。

ルームライトについてる目覚まし機能が、朝は頭上がじわじわと明るくなって自然な目覚めをアシストしてくれるんです。

実際使って起きてみたんだけど、ホント気持ちいい・・・!

追記

ちなみに普段は「振動式の目覚まし時計」を使ってます。9h(ナインアワーズ)京都のように光目覚まし時計のない宿でも、音を出さずにアラームを使うことができるので便利。

もちろん「鳴らしちゃいけない」ってルールが明記されてるわけじゃないので、たまに容赦なく鳴らしてる人もいるのだけれど・・・僕はしたくないんだよな。

9h(ナインアワーズ)京都のシャワールーム

シャワー室は、ロッカールーム内にあります。

右の扉の中がシャワー室。

シャワーユニットは、シンプルかつ清潔。

9h(ナインアワーズ)のシャワーユニット。

奥の扉は浴槽につながっています。この日は解放していませんでした。

ほかのカプセルホテルと違ったのは、備え付けのシャンプー・リンス・ボディーソープ。

天然素材の石けんブランドTAMANOHADAの製品を使っています。

使っている間、アロマのような上品な香りがしました。

9h(ナインアワーズ)京都に連泊を予定してる人は注意。

ナインアワーズには、ランドリーや冷蔵庫がありません。

連泊で洗濯物が溜まった場合には、コインランドリーに行く必要があり、食べ物の保存は厳しいです。

さらに、連泊する人も12〜16時までは掃除のためカプセルユニットに入ることができません。

館内で1日のんびりというのはできないので注意が必要です。

連泊を考えてる人は、あらかじめ注意しとくといいかも。

9h(ナインアワーズ)京都を旅行目的に使うなら、1泊2日での利用がおすすめ。

コンセプト通り、シンプルに寝泊まりし、必要なモノは現地調達、外食したい人向けに特化した宿でした。

もし旅行なら、1泊2日くらいの短期滞在で使ってみるのが個人的におすすめかな。

スポンサーリンク

関連コンテンツ