映画「この世界の片隅に」は「戦争が日常になる」怖さを教えてくれた

あたりまえになってしまうことが、一番こわいんだ。

スポンサーリンク

こんにちは!さとし』です。

(いや誰だよ?という方は>>こちらのページからどうぞ)

ヒット中の映画「この世界の片隅に」を観てきました。

この映画は、「日常的だから怖くない」といった意見があったりもしますが、ぼくはむしろ日常的だからこそ怖いと思いました。

「この世界の片隅に」とはどんな映画?

「この世界の片隅に」ってなに?

まずは「この世界の片隅に」がどんな映画か、紹介しておきますね。

ネタバレはないのでご安心を。

戦争中の暮らしを描いた作品

「この世界の片隅に」は「戦時中の日常を描く」という戦争を新しい視点で描かれた映画です。

18歳のすずさんに、突然縁談がもちあがる。
良いも悪いも決められないまま話は進み、1944(昭和19)年2月、すずさんは呉へとお嫁にやって来る。呉はそのころ日本海軍の一大拠点で、軍港の街として栄え、世界最大の戦艦と謳われた「大和」も呉を母港としていた。
見知らぬ土地で、海軍勤務の文官・北條周作の妻となったすずさんの日々が始まった。

夫の両親は優しく、義姉の径子は厳しく、その娘の晴美はおっとりしてかわいらしい。隣保班の知多さん、刈谷さん、堂本さんも個性的だ。
配給物資がだんだん減っていく中でも、すずさんは工夫を凝らして食卓をにぎわせ、衣服を作り直し、時には好きな絵を描き、毎日のくらしを積み重ねていく。

ある時、道に迷い遊郭に迷い込んだすずさんは、遊女のリンと出会う。
またある時は、重巡洋艦「青葉」の水兵となった小学校の同級生・水原哲が現れ、すずさんも夫の周作も複雑な想いを抱える。

1945(昭和20)年3月。呉は、空を埋め尽くすほどの数の艦載機による空襲にさらされ、すずさんが大切にしていたものが失われていく。それでも毎日は続く。
そして、昭和20年の夏がやってくる――。

引用元:「この世界の片隅に」公式サイト

原作はコミック

原作は、こうの史代さんによるコミックです。上・中・下巻で構成。

アニメ映画版ではさらりと流してあまり語られていない部分もあるので、原作コミックもあわせて読んでおくとより深く楽しめますね。

 

アニメ映画の制作費はクラウドファンディングで集めた

ぼくが見に行った2016年公開のアニメ映画版は、その制作資金をクラウドファンディングと呼ばれるインターネットを使った資金調達方法を使っていて、話題になりました。

スポンサーリンク

「戦争は日常の中に入り込んでくるもの」と知ってぼくは恐怖した

「この世界の片隅に」の視点が良かったのは、「日常の中に戦争が侵食していく」という視点で描かれているところでした。

ぼくはこれまで、戦争は

ある日を堺に日常を変えてしまうもの」だと考えていました。

戦争というのは、そのはじまりを知らせる時報みたいなものがあって

その知らせをきっかけに世界が一変してしまう。そういうものだと思ってたんです。

でも、「この世界の片隅に」で描かれる戦争は、そのイメージとはまったく異なるものでした。

「この世界の片隅に」で描かれる戦争には、明確な「戦争のはじまり」は見えません

あたりまえの日常の中に、ひたひたと忍び寄ってくる」ものだったんです。

すず(主人公)や周囲の人たちは、

戦争中であっても、今を生きるぼくらと同じように、いつもの日常を精一杯生きているだけで、

笑いあり涙あり面倒くさい人間関係ありの、ごくふつうの日常を過ごしていました。

戦争は、その日常の中に割り込むのではなく、すこしずつ溶け込んでいくものだったんですよ。

これにはぼくは驚きました。

もっと、「今から戦争!この瞬間をさかいに血も涙もない悲惨な生活になります!」と宣言されるようなものだと考えていたので。

じゃあほぼあたりまえの日常を過ごしているすずたちの様子をみて安心したかというと、そうではありません。

むしろ、戦争は違う意味でたちの悪いものだと感じました。

 

戦争という非日常なことも、いつの間にか日常になってしまう

「この世界の片隅に」に描かれる戦争から感じる怖さは、「戦争という非日常的なことも、日常化してしまうんだ」という部分にあります。

時報のように知らせがあって、その瞬間からドンパチドンパチしてるような環境であれば、いやでも戦争というものを自覚します。

でも、「この世界の片隅に」で描かれるような戦争では、自覚しづらいのです。

何か気がついたら、街に軍服来た人増えてるし、食べ物が減ったし、飛行機飛んでくるようになったな~」くらいの自覚。

実際、映画の中では、空襲警報発令によって防空壕に避難するときもみんなのんきそうだったり、

被害に遭っても、「戦争なんてなければ…」という思いはよぎっていないようでした。

軍国主義の教育を受けていたから当然と感じるかもしれませんが、それだけじゃないと思うんです。

日本が戦争という行為を受け入れてしまったのは、軍事によって直接の利益がない一般市民レベルまで「戦争が日常化した」ことにも原因があるんじゃないか。「この世界の片隅に」を観ると、そんな風に感じてしまうんですよね。

 

戦争を新しい視点で見てみよう

「この世界の片隅に」は

  • すずさんたち(戦時中に生きた人々)は現代人と同じように日常を生きる人々だった
  • 戦争は日常にしずかに忍び寄ってくるものだった

という部分が新鮮に感じられる作品です。

戦争という過去から目を背けたくなりますが、この作品だけは観ておいてほしいですね。

ぼくは全力でおすすめします。

スポンサーリンク