心に刺さる言葉をバシバシ言えるようになりたい人におすすめの本7選

ズキューーン!!

スポンサーリンク

こんにちは!さとし』です。

(いや誰だよ?という方は>>こちらのページからどうぞ)

先日ブログの書き方を仲間に伝授しました。

そのとき、「心に刺さる言葉とか文章って、何で勉強したらいいですか?」

と聞かれたので、その回答を記事にすることにしました。

というわけで今日は、ぼくが心に刺さる言葉を学ぶのに使った本の中で、とくに役立った本を7冊紹介していきますよ。

 

心に刺さる言葉を生み出せるようになる本1.伝え方が9割

 

まずこれを読まないことにははじまりません!

これは心に刺さる言葉づくりの入門書です。名言のレシピ本ですわ。

数学で言ったら公式集みたいなもんですね。xとyに数字入れたら答え出ますよー、ってくらいカンタン!

どんだけ言葉で伝えるのがド下手な人でも、この本の通りに言葉を並べたらすぐにうまくなります。

ほんと、だまされたと思って試してみてください。感動するよ!

 

心に刺さる言葉を生み出せるようになる本2.伝え方が9割②

 

伝え方が9割をさらに実践的な話にしているのがこちら。1の内容に加えて、3つのレシピを追加してます。

続編と言うより拡張版というかんじ。

ちょっとケチりたいなら②を1冊だけ買うのでもなんとかなるかな。

 

心に刺さる言葉を生み出せるようになる本3.スティーブ・ジョブズ驚異のプレゼン

 

専門用語を使わない、ツイッターのように短い一文で製品やサービスを表わす、
ポイントを3つにする、ヒーローと敵役を登場させる、ひたすら練習を積むなど
、スティーブ・ジョブズのプレゼンの法則を解き明かします。
すばらしいプレゼンができるようになります!

iPhoneを作った会社、アップルの創業者として有名なスティーブ・ジョブズ。彼はプレゼンターとしても超一流。iPhone発表時のプレゼンなんて、もう鳥肌がブワーーっと立ちますよ!

この本には、プレゼンの構成方法から、一文レベルでの言葉の選び方までが載ってます。

  • 相手の興味をひきながら伝えたいことを伝えるには、どうやったらいいのか
  • 良いプレゼンはどうしたらつくれるのか

知りたい人にはおすすめの一冊です。

 

心に刺さる言葉を生み出せるようになる本4.伝える力

 

いつもわかりやすいニュース解説をしてくれる、ジャーナリスト池上彰さんの著書。

小学生にもわかるように説明するためのエッセンスが詰まっています。

さらに、分かりやすい文章の書き方についても。

  • 「○○的」、「○○性」という単語は使わない
  • 接続詞は極力使わない

など、あ!そうだったのか!というポイントが盛りだくさんです。

ぼくはこの本に書いてあることにならって文章書いてます。くわえて、ブログ用によりラフな言葉づかいにしてるかな。

心に刺さる言葉を生み出したいなら、最低限わかりやすい文章を書けるようにならないといけませんものね。

文章力に自信がない人はまず読んどいたほうがいいです。読まないと人生9割損しますよ。マジで。

 

心に刺さる言葉を生み出せるようになる本5.何度でも読みたい広告コピー

 

 

これはぼくの個人的な好み。

とはいえ、心に刺さる言葉を使いたいなら、実際にお手本を見るべきですよね。

広告コピーって心に刺さる言葉の典型じゃないですか。

まずはお手本を浴びるように見ておくことで、言葉を生み出す感覚が洗練されてくるのです。

 

心に刺さる言葉を生み出せるようになる本6.超分類!キャッチコピーの表現辞典: 一言で目を奪い、心をつかむテクニック50

 

広告コピーに使われるキャッチフレーズを、50個のパターンに分類。

むむ!これはまるで、名言の宝石箱やぁ~!!

「伝え方が9割」と組み合わせて使うと、すごく役に立ちそうですね。

「どうすれば目を引くだろう」「何を書けばいいだろう」…悩んだとき、アイデアが煮つまったときに開けば閃くキャッチコピーの教科書。
実際の広告デザインとともに紹介するので、目で見てすぐにイメージも沸き、アイデアが広がるヒントにもなるはず!
紹介する表現技法は50コ。
どの表現技法、どのページからでも読めてすぐに使えます。

内容紹介より引用

 

心に刺さる言葉を生み出せるようになる本7.人を操る禁断の文章術(メンタリズム)

 

メンタリストDaiGoさんが「相手に行動させる文章」を教えてくれる本。

これやばいわ…効果絶大すぎる。。。

本書では、
解説するテクニックに対して
心理学の見地から裏付けの説明を随所に加える。

扱うテーマは
、 セールス、プレゼン、恋愛、依頼など、
書き手の腕が求められるシーンを幅広く網羅。

また、
人間の感情をゆさぶる7つ引き金(トリガー)と、
今すぐ文章にそのまま応用できるテクニックを紹介。

本書を読むことで、
書くべき内容とその書き方が一目にわかるようになる。

使い方によっては悪用できそうなレベル。ナンパとかうまくなりそうだぞこれは。

いいかい?悪用しちゃだめだよ!絶対だよ!!笑

 

この記事は随時更新します。追記があったらツイッターでアナウンスするのでよろしくです。

ということでフォローお待ちしてます!!笑