一流は負けるのが上手い。

小さく負けて大きく勝つ人が、一流。

s_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-02-19-32-43-1

為末大さんの著書「諦める力 〈勝てないのは努力が足りないからじゃない〉」を読んで、考え方が変わりました。

為末選手は言わずと知れた名選手なので、説明いらないですよね。

え?知らない?じゃあ、そんなあなたのためにさらりと紹介を。

為末 大

1978年広島県生まれ。
陸上トラック種目の世界大会で日本人として初のメダル獲得者。男子400メートルハードルの日本記録保持者(2014年10月現在)。
2001年エドモントン世界選手権および2005年ヘルシンキ世界選手権において、男子400メートルハードルで銅メダル。
シドニー、アテネ、北京と3度のオリンピックに出場。2003年、プロに転向。2012年、25年間の現役生活から引退。
現在は、一般社団法人アスリートソサエティ(2010年設立)、為末大学(2012年開講)、Xiborg(2014年設立)などを通じ、スポーツ、社会、教育、研究に関する活動を幅広く行っている。

引用元:TMESUE.JP|ABOUT

トラック競技の決勝には、日本人はおろか、アジア系の選手が残れないということがほとんど。

そんな中でメダルを獲得するのは以下にすごいことか!想像に難くないですね。

そんな為末選手も、選手生活の中で「小さな負け」を作っています。

それは、「100メートルを諦めた」ということ。

というのも、もともとは100メートルの選手だったそうなんですね。

それを高校の時、400メートルハードルに転向を決断。

当時は相当の葛藤があったようです。

まあ、たしかに将来的に厳しいからと諦めることは、少なからず「負けを認めた」感があるはずです。

しかし、彼は決断した。「小さな負け」素直に受け入れ、その先にある「大きな勝ち」に賭けることができた。

 

この本を読むまで、ぼくは「1つのことをしつこく追い続けていく」ことが絶対条件だと思っていました。

「小さな負け」でもゆるされないのだと。

「小さな負け」とは、プライドや、固定観念、同調意識なども含まれるんじゃないかと思います。

小さな負けを認められないがゆえに、勝ちへの「機会損失」をしてしまっていることに気づかなかったのです。

この本を読んでから「小さな負け」を手放すことができるようになりました。

為末さんが、陸上なら花形の100メートルでなくては、というプライドを解き放ったように。

 

一流の人というのは、最後の「大きな勝ち」にむけた大局観を持っています。

 

プロゲーマーの梅原大吾さんも、大局観を大切にしているようですね。

え?梅原さんてだれって?んじゃこちらもご紹介。

梅原 大吾(うめはら だいご、1981年5月19日 – )は、日本青森県出身のプロゲーマー

日本での愛称はウメハラウメウメさんアメリカでは本名のDaigoのほか、The Beastというニックネームでも知られる[1]

2D対戦型格闘ゲームにおいて数々の大会を制している、世界でも指折りの著名なゲーマー。とりわけカプコン社製の対戦型格闘ゲームで実績を多く残し、同社開発本部長(当時)の岡本吉起から「10年に一人の天才」と呼ばれた。

引用元:Wikipedia

 

押さえるべきところさえ間違っていなければ、場面において失敗したって構わないのだ。視点がしっかりとしていれば、ある場面で成果がなかったり、一見すると失敗であっても、それはそれで構わないということはままある。全体として視点を設定して考えているので、場面レベルでの失敗もそれはそれで込みだということになる

引用元:1日ひとつだけ、強くなる。 世界一プロ・ゲーマーの勝ち続ける64の流儀

 

この場合だと、場面での失敗が「小さな負け」、試合に勝つことが「大きな勝ち」ということになるわけです。

 

小さな負けを怖がる人は、それだけで大きな勝ちへの機会損失になっているんですね。

 

負け上手になるための教科書たち。

[amazonjs asin=”4833420481″ locale=”JP” title=”諦める力 〈勝てないのは努力が足りないからじゃない〉”] [amazonjs asin=”4022510803″ locale=”JP” title=”負けを生かす技術”] [amazonjs asin=”4046006412″ locale=”JP” title=”1日ひとつだけ、強くなる。 世界一プロ・ゲーマーの勝ち続ける64の流儀”]