これからは一次情報の価値が上がる。ならば、ブログの価値も上がる!

体験のともなった情報発信にこそ価値が生まれるのです。

スポンサーリンク

どうも。さとし』です。

(いや誰だよ?という方は>>こちら

ちょこっと固いお話になるけれど、

これからは1次情報の価値がどんどん高まって、二次情報以下の価値は下がっていく。

一次情報を手に入れ発信できる人の価値は高まり、二次情報ばかりを暗記してる人の価値はどんどん下がっていくんです。

何が言いたいかっていうと、体験から得た情報を持つ人が生き残る社会になるよ!だから体験を発信する人になろうよ!ってこと。

 

一次情報と二次情報ってなんだ?

いや、唐突に一次情報とか二次情報とか言われても意味わかんねえよ!というあなたのためにざっくり解説。

一次情報というのは、ざっくり言えば「自分が体験して得た情報」ってこと。

例えば、あなたが「料理を食べて『うわっ、これ砂糖と塩まちがえてるやん!』って感じる」こと。これは一次情報です。

「この料理はすごくしょっぱい」というのは、自分で経験して得た情報だから。

これに対して、

Aさんから「料理を食べたら『うわっ、これ砂糖と塩まちがえてるやん』って感じるくらいしょっぱかった」とあなたが聞かされた。これは二次情報。

あなたが直接体験したわけでなく、Aさんの「この料理はしょっぱい」という体験を、間接的に受け取ったものだからです。

スポンサーリンク

一次情報と二次情報の価値の差はどんどん大きくなっていく。

インターネットによって二次情報を得る手間が減り、価値が下がった

昔は二次情報すらもかなりの価値を持っていた。

戦国武将とかが兵法(かしこい戦術をまとめた書)を手に入れるために死に物狂いになってた時代もあったわけで。

現代でも、インターネットが広まる前は本すらも書店で探すしかなかった。二次情報を得るだけでも手間がかかったってわけ。

でも今はちがうよね。

とりあえずググッとけば基本的な情報が手に入ります。なくてもAmazonにアクセスすればほしい情報をまとめた本がすぐ手に入る。

二次情報を手に入れる手間が圧倒的に減ったんだ。

そうなったらあとは市場原理。希少価値の低いものは価値も下がるというのは、あなたなら理解できるはず。

体験をする手間は相変わらずかかるから価値が落ちない

これに対して、一次情報を得る手間はかなりかかる。

さっきの食べ物ひとつにしたって、実際に食べなきゃいけないわけだからね。この手間は、そう簡単に減らせるものではない。つまり、希少価値が下がりにくいってこと。

実際、二次情報ばかりを羅列したメディアはネット上でも評価が下がっていってる。

若者がグーグル検索からインスタ検索はじめるようになったのは、まさにこれなんじゃないかな。

よその情報を引っ張ってきただけのまとめサイトなんかは、遅かれ早かれ消えていくはず。同じまとめでも、一次情報をともなったオリジナリティーある記事の方が価値が高くなるから。

 

一次情報を得るために体験を重ねよう

一次情報と二次情報の価値の差は大きくなる。

となれば、僕らがするべきはひとつ。体験を重ねるということです。

「あそこの景色はああでこうで、この湖は〇〇が有名で〜」と観光雑誌読みながらウンチクたれてる人と、

「あそこの景色は、朝行ったほうがいいよ!湖に朝日が昇ってキレイなんだ!でも行くまでにめっちゃ汗かいちゃったから、次は1枚余計にインナー持っていったほうが良いかも」

体験を踏まえて説明してくれる人。あなたがどっちを信用するかなんてことは……いうまでもないよね。

 

一次情報持ってても、発信者にならなきゃ意味がない。だからブログが必要。

ただし!体験を重ねても、それを表現する場所がないと価値としてはゼロなわけです。

だから、誰かの目に届くところに発信する必要がある。

タンス預金している限り経済が回らないのと一緒で、体験を脳内貯金しても誰にも価値を生まない。

いやいや、自分に残ってればいいんだよ!っていうけど、人の記憶なんてたいしたことないからね。記録しておかないとどんどん劣化していきます。

ブログは一次情報の発信に最適

じゃあ何すればいいの?って?

手っ取り早くて確実なのは、もちろんブログ。

なぜなら、ブログを書こうとすれば、基本的に載せる情報は一次情報になるからです。

僕のブログを読んでもらえばわかるかと。

ノウハウ記事は、可能な限り自分の体験を織り交ぜながら書いているし、

本の書評も、ただ「こんなことが書いてある本」とするだけじゃなくて、読んだときに感じたことや、自分の体験と重ね合わせて意見するようにしてる。

そして書いた人の顔が見えるぶん、信頼性も担保しやすい

一次情報を発表する場所として、ブログはすんごく相性が良いんだよね。

日記はブログにしよう

すでに日記にしている人は、ぜひとも「ブログ」に変えてもらいたい。

え?一緒じゃないのって?日記とブログでは、発信する相手がちがいますよ。

日記は自分の体験をただ「自分のために」書いたもの。ブログは自分の体験を「誰かの役に立つ情報」に噛み砕いたもの。

日記は自分さえ読めればよくて、ブログは読者ありきの文章。

ちょっとのちがいだけど、このちがいが体験を価値に変えられるかどうかを決めるのです。

日記からブログに変えるだけで一次情報コンテンツになる。

自分の体験がコンテンツになるって、すごいと思いません?

だから僕は、ブログをはじめることをおすすめしてるんですよね。

 

まとめ

だいぶつらつらと書いてしまいましたね。

ここらでまとめておくと、

  1. 一次情報と二次情報の価値の差は大きくなる
  2. 一次情報を発信できるだけであなたの市場価値は上がる
  3. 一次情報の発信にはブログが最適

そんな話でした。

ブログのこともっと詳しく知りたい!というあなたは、僕のLINE@にでも質問をぶつけてください。

あなたの質問に無料で答えてますよ。

興味あればお気軽に。

友だち追加

この記事を読んだ人はこちらも読んでます

 

スポンサーリンク