これで失敗しない!はじめての屋久島観光に超おすすめの旅行プラン!

3泊4日が最強だ!異論は認めん!!

スポンサーリンク

s_img_9202

こんにちは!さとし(Twitter⇒insidesatoshi)です。

屋久島旅行、計画が結構大変なんですよね。

縄文トレッキングしたら往復に10時間以上かかる。離島でどのくらい観光する場所があるのか分かりづらい。

あまり弾丸だと満喫できないし、かといって長すぎると飽きて疲れてしまう。

いったいどれくらいの期間行ったらちょうどいいの?!って頭を悩ませるのが屋久島旅行です。

かくいうぼくも、かなーり悩みました。

でも、結果的に(まぐれで)ちょうどいい旅行プランを組むことが出来たんですよ。

日程的にもあまり慌てず、帰りも心地よい疲れでテンションもほとんど下がらず旅行を終えることができました。

ってことで、これから屋久島観光に行こうというあなたのために、最強のモデルコースをシェアします!

 

屋久島観光におすすめの旅行プラン:日数は3泊4日

屋久島がはじめてでまず迷うのが日数ですよね。

ぼくは3泊4日をゴリ押しします。

屋久島を観光するなら、ちょうどいい期間なんです。ある程度観光スポットを網羅できるだけの時間があって、体力的にも精神的にも疲れきらないという。

それ以上長くなると確実に疲れます。盛り込みすぎは禁物。最終日惰性になるよ?

 

屋久島観光におすすめの旅行プラン:初日は屋久島1周

初日は鹿児島からフェリー、大阪から飛行機のどちらから行っても、到着はお昼くらい。

レンタカーを借りて島を一周ドライブするのがおすすめ。4時間半あれば1周できるので十分時間がありますよ。

半日で屋久島のダイジェストが見られるという、超お得な旅行プラン。

1周まわる間にころころと景色が変わるから、飽きないんですよね。

とくに、島の西側はほとんど人が立ち入らないゾーン。屋久島に住むサルやシカに出会えます。

それも、家族連れでぞろぞろ来るくらいたくさん(笑)おそってきたりはしないので大丈夫。

1つ注意点があるとすれば、西側の道はハンパなく狭いです。場所によっては自動車1台通るのがギリギリくらいの幅。すれ違いはなかなかの難易度なので、初心者・ペーパードライバーはかなり苦労するでしょうね。

 

屋久島観光におすすめの旅行プラン:2・3日目はトレッキングツアー

ツアーガイドはぜったい付けるべき

これは声を大にして言っておきたい!屋久島がはじめての人、とくにトレッキングになれていないなら、ツアーガイドは絶対に付けるべきですね。

え?自分そんなに屋久島うんちくに興味ないよって?

何言ってるんだ、おまえは。ここは全力でツッコミ入れさせてください。

ツアーガイドを付けるのは、うんちくを聞くためじゃありません。命を守るため。

ちゃんとスズメバチが来たときの対処法知ってる?道に迷ったときに対処法は?けがしたときの処置は?

そういうことをきちんとしていないと、命に関わります。大げさじゃなくて。自然をなめちゃいけませんよ?

毒虫対策とかリスク管理に関する知識を持ってくれていて、いざというときの対処も知っている。そういう人がいないとやばいんですよ。初心者がガイドツアーをつけろというのはそういう理由。

関連記事:屋久島で虫よけは役立たず?!登山初心者が覚悟すべき虫ベスト3

トレッキングツアーは1泊2日で

日帰りコースありますが、普通の人には相当ハード。というかそれ以上に「景色をまともに見る時間がない」のが問題。ウォークラリーしたくないでしょ?(笑)

さらに、日帰りだと縄文杉やウィルソン株のところで超混みます。縄文杉までは一本道なので、多いときは大行列に。全然自然のなかにいる気がしねえ。みんな人混みから離れたくて来たんじゃないん?って感じ。

コースは白谷雲水峡~縄文杉~トロッコ道

1泊2日あれば縄文杉だけでなく、白谷雲水峡も見に行けます。で、ここで大切なのは順番。

白谷雲水峡を初日、縄文杉を2日目にするのがいいです。

というのも、白谷雲水峡と縄文杉の間には峠越えがあるんですよ。

だから、体力の十分あるトレッキング初日に通過するほうがイージーなんです。しかも、夕方に縄文杉に到着するので、人も少ない。しかも、高塚小屋に泊まると翌朝には朝日に照らされる縄文杉もゆっくりと眺められます。一石二鳥だね!

スポンサーリンク

屋久島観光におすすめの旅行プラン:4日目は初日行かなかったところ&お土産探し

初日よりゆったりめのスケジュールにしておこう

最終日にどのくらい体力が残っているかは、相当個人差があります。

初日よりゆったりしたスケジュールにしたほうが、余裕をもって楽しめますよ。

「時間かけて見たい!というところを厳選してまわる」イメージがいいかと。

タフな人だけで行くなら半日カヤックツアーもあり

体力底なしだぜウェーイ!!って人たちは、最終日のレジャーを入れることも可能。

半日カヤックツアーあたりに参加するといいんじゃないでしょうか。

お土産は「さば節」「三岳」がマストアイテム!

マジ絶対買ったほうがいいよ!!

なにあの「サバ節」とかいう神商品!うますぎるんですけど!!しかも使い勝手よすぎ!人生損してたわ!

 

芋焼酎ニガテだったけど、「三岳」お湯割りでガンガン飲めちまったわ!!しっかり香りがするけど全然くどくない!

ツアーガイドさんが持って来てくれたので、山の上でカンパイしました。最高!

屋久島の芋焼酎「三岳」は飲みやすい!

屋久島の芋焼酎「三岳」は飲みやすい!

ちなみに上の写真の容器はペットボトルです。詰め替えてきてた。ビンじゃさすがに重いもんね。

 

と、思わずテンション上がって押し売りチックになってしまうくらい、おすすめです(笑)大げさではなく。

サバ節はお土産以外にも自分用に買って家でいろんな料理に使いました。大人買いだぜ、ふふふ。

 

屋久島旅行の計画時におさえてほしいポイント

民宿と居酒屋両方の料理が食べられるように予約しよう

ぼくの泊まった「民宿 屋久島」さんでは、ほんとに民宿?!料亭じゃないの?!ってくらいおいしい料理を食べられます。ケチって素泊まりにしてもあまりメリットはないので、はじめから予約したほうがまちがいないでしょう。

ただ、近所の居酒屋さんもメッチャクチャうまい!ので、どっちも食べられるように予約するのがおすすめ。「漁火(いさりび)」というお店で食べた「首折れサバの刺身」は衝撃のうまさだったなあ…。

首折れサバの刺身!なんとサバを「生」で食べられる!

首折れサバの刺身!なんとサバを「生」で食べられる!

絶対行ってほしい屋久島の観光スポット

さいごに、ぼくが個人的に絶対行ってほしいと思う屋久島の観光スポットをまとめておきます。

大川の滝

間近で眺められる滝。これでもかってくらいマイナスイオン浴びられます。

間近で観られてド迫力!な大川の滝

間近で観られてド迫力!な大川の滝

ただし、でっかいアブが駐車場付近にいるので注意

「屋久島ジェラート そらうみ」

ふらっと立ち寄ったジェラート屋がすんごくおいしくて雰囲気も良かった!

こんな感じでまったりできます。

グンニャリできるハンモックがある「屋久島ジェラート そらうみ」

ハンモックでまったりできる「屋久島ジェラート そらうみ」

詳しくはこちらのページをどうぞ!

関連記事:屋久島のカフェ風ジェラート屋「そらうみ」が至福の空間すぎて泣ける

 

さて!いかがでしたか?ぜひぜひ参考にしてみてくださいね~。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
さとし』

さとし』

わけあってフルタイム労働できなくなり、自由な働き方を実践する複業家になりました。ブログ”青い熱量。”を運営、スマホ写真家、暗号通貨に投資したりして過ごしてます。黒歴史つくりながら前に進む日々。

 詳しいプロフィール(黒歴史)はこちら!
 Twitterフォローしてね!
 さとし』に直接質問できるLINE@はこちら!