登山・トレッキング初心者が山岳ガイドをつけるべき3つの理由

植物の解説うんぬん以上に、とても大切なことがあります。

こんにちは!さとし』(Twitter⇒insidesatoshi)です。

登山もトレッキングも初心者。山岳ガイドってつけるべきなのかな?

と、お悩みのあなた。

ぼくは、登山・トレッキング初心者だったら山岳ガイドはつけたほうがいいと断言します。

今日は、その理由をお教えしますね。

 

理由1.山岳ガイドが登山トレッキング初心者のリスク管理を徹底してくれる

これが一番の理由です!

多くの登山・トレッキング初心者は、山岳ガイドの人のことを

「道案内」とか「名所と草花のうんちくを語る人」程度

の考えてるんですよね。あなたもそうじゃありません?

ここが大きなカンちがい。

 

山岳ガイドさんが最も頼りになるのは、

登山やトレッキング中に出くわす様々な危険を、あらかじめ防いだり、適切な方法で対処してくれる。

これです!

ぼくについてくれた山岳ガイドさんいわく、初心者の人に限って、リスク管理が雑な人が多いそうです。

いくらメジャーな場所だったとしても、自然は自然。ナメると本当に痛い目にあいます。ヘタしたら命を落としかねない。

怖いもの知らずといえば聞こえがいいですが、それって要は知識不足。ぜんぜんかっこよくないかんね!

 

ぼくは屋久島旅行の時、虫の驚異にさらされて痛感しました。

関連記事:屋久島で虫よけは役立たず?!登山初心者が覚悟すべき虫ベスト3

出発前は民宿の予約だとか、スケジュールだとか、そんなことばかりに気を取られちゃうんですよね。

虫に襲われたときの対応策とか、全然頭になかったですから。この点はほんとに反省しました。

ぼくの他にも、けっこう知識不足の人はいるようです。屋久島でも、あきらかに初心者っぽい山ガールの集団が、スズメバチを振り払おうとしてる場面に出くわしました。

案外知られてないみたいですが、スズメバチに抵抗するのはマジで危険!

幸い、ぼくの山岳ガイドさんが冷静に対応してくれたので、事なきを得ました。

もし、あのままスズメバチに抵抗してしまっていたら、かなりヤバイことになっていたと思います。

 

悪天候や危険生物への対応をサポートしてもらえるのは、登山・トレッキング初心者にとってすごく安心なんですよ。

 

理由2.山岳ガイドが登山・トレッキング初心者のペース配分を計算してくれる

ここも大事。

登山・トレッキング初心者の人は、ちょうどいいスケジュールが組めない人が多いです。

体力のこと考えずにかなり無理なプランを作ってしまったり、逆に暇すぎるほどスカスカのスケジュールにしてしまったり。

 

登山・トレッキング初心者にありがちなのは、短距離をかっ飛ばし、息切れしてしてしまうパターン。

これ、後半になるほど休憩の回数が増えるので、結局ゆっくり歩くのと変わらなくなっちゃう。むしろ、速く動くと筋肉への負荷がおおきくなるため、筋肉痛がひどくなりやすい。全体的に見たらマイナスなんですよね。

富士山へ登ったときに感じました。

ものすごーくゆっくり歩いてる80歳くらいのおじいさんいたんです。ゆっくりなんだけど、全然立ちどまらないんですね。ぼくと友達が何度追い越しても、小休止してる間に追い抜かれる。年齢差を考えても、明らかに消耗してるのはぼくらでした。

 

山岳ガイドさんは登山・トレッキング初心者の体力をすぐに把握し、適切なペース配分でスケジュール立てしてくれます。最終日に筋肉痛で動けない・・・なんてことにならないよう、付けておいたほうがいい。

 

理由3.山岳ガイドから面白いうんちくを聞ける。飽きない。

やっとここでうんちくの話になります。

正直、理由3はそこまで重要ではありません。理由1.理由2.が大事すぎるんで。なんなら、おまけくらいに思ってください。

 

「山岳ガイドさんの話なんか聞かんでも、資料観たら分かるじゃねえか!」みたいな意見もあるかと思いますが、ぼくは全然「質」がちがうと思いました。

というのも、そのガイドさんが現場で観た「リアル」の話が聞けるから。

資料だけ観てると表面的な「情報」しか分からないんですよね。

屋久島でいったら、「縄文杉は日本一長寿の樹です。めっちゃでかいです」程度じゃないですか。へえーそうなんだー。くらい薄っぺらい。

でも山岳ガイドさんに聞くと、

「縄文杉が他の屋久杉と比べて白いのは、長寿だからじゃありませんただの『日焼け』です。取材のために人間が周囲の木を伐採したせいで、南側だけ焼けちゃったんですよ。」

ってとこまで話してくれる。登山トレッキング初心者で、ここまで調べきれる人はそうそういないですよね。やっぱり現場にはかないません。

いや、そもそもそういう話興味ないんすけど・・・ってひとも安心。山岳ガイドさんもプロなので、客層に合わせてトーク内容も選んでくれるみたい。すくなくともぼくについてくれた山岳ガイドさんは、トークの幅が広かったです。ぜんぜん飽きなかった!

実際、彼は「私、縄文杉のパワーを分けてもらいたいんです!」というスピリチュアル系女子から「縄文杉、ガチでやばくね?!」みたいなウェイウェイ系男子まで対応してきたみたいですよ(笑)

 

さとし』のまとめ

登山・トレッキング初心者の人は、楽しい部分にだけ目を奪われて、相手が大自然であることを忘れがち

リスク管理は大事です。観光地化されてる場所だったとしても、ぼくらの命を奪うだけの危険はすぐそばに潜んでるんですよ。

きちんと準備してこそ、その中で楽しむことができるのを忘れてはいけません。

ぼくは実際に山岳ガイドを付けてみて「自分の身の安全を守るためだと考えれば、ケチるお金ではないなあ」と感じました。

 

というわけで、あなたが登山・トレッキング初心者でリスクに対する知識がないなら、山岳ガイドを付けておくべきだと思いますよ。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
さとし』

さとし』

わけあってフルタイム労働できなくなり、自由な働き方を実践する複業家になりました。ブログ”青い熱量。”を運営、スマホ写真家、暗号通貨に投資したりして過ごしてます。黒歴史つくりながら前に進む日々。

 詳しいプロフィール(黒歴史)はこちら!
 Twitterフォローしてね!
 さとし』に直接質問できるLINE@はこちら!