大金払ってダイエットする社会人って何なの?その脂肪だって金出して蓄えたんでしょ?

あなたが燃やしてるのは、脂肪じゃなくて持ち金です。

スポンサーリンク

160701_thumbnail

こんにちは!さとしです。

 

で!さっそくですが!

社会人のみなさん、なんでダイエットにそんな大金かけるんですか?

え?なになに?ダイエットにはお金がかかるものだ?

ふぁー、ぼくには全く理解できませんわ!

痩せるのに金かかるってどゆことよ。

 

わざわざお金出して太ったのに、今度はお金出して痩せるの?なんで?

そもそも、なんでダイエットしたいのでしょう。

あなたの脂肪は、あなたが「自分でお金出して蓄えたもの」ですよね?

社会人特有の、「たいして美味しくもない居酒屋の、ムダに高い宴会コース」とかでワーワーやって蓄えた、その脂肪ですよね?

 

大金払って蓄えた脂肪を、大金払って落としに行くんですか?

 

わざわざダイエットジムへ?30万円とか突っ込んで?

なんでなんで?!WHY JAPANESE PEOPLE ?!(by 厚切りジェイソン)

 

・・・はっ、熱くなってしまった。

 

だってぼくには、「お金出して太って、お金出して痩せる」ってムダに見えるんですもの。

穴掘って埋めるみたいな、しょうもない公共事業みたいで。

ん?あ、なるほど!あなたは公共事業やってるんですね。

あなたはダイエットという名目のもとに、日本経済を動かしているんですね。

なるほど、それなら納得です。むしろ社会人の鑑じゃないですか。

今後もぜひとも、居酒屋→ダイエットジム→居酒屋→・・・という無限ループをつづけてくださいな。

 

ちがうの?じゃあやせなよ。お金なんていらないはずだもの。

 

お金をかけないとダイエットできない社会人は、お金の使い方が下手

貧しい人が太ってるって聞いたことがありません。

ってことはですよ。うらを返せば、

お金なんてかけなければかけないほど痩せるんですよ。普通に考えて。

だって自動的に食べる量は節約されるんですから。

ムダな外食とかもなくなって、健康的な自炊になりますしね。

 

「ダイエットはお金がかかる」って言いふらしてるのなら、それは

「自分はお金の使い方が下手です」って宣言しているようなもの。

 

スポンサーリンク

安いものは太りやすい?それはあなたが品選びをしてないだけ。

「自炊なんかする時間ない!」って場合は、まあ仕方ないので買うしかありません。

 

が!

「安い飯を食うと油や炭水化物ばっかりで太りやすい」と考えているなら、それはまちがです。

安い飯で太るのは、あなたが

「安価だと太るものしか置いてない場所」

に行ってるからですよ。

牛丼とか、ハンバーガーとか。

バカの一つ覚えでそんなとこばっかり行くから、脂っこいもの食べることになるんです。

 

最近はコンビニだって、えらべば結構ちゃんとしたもの食べられます。

野菜の産地も明記してあって、あやしい外国産ってこともない。

値段も、カット野菜は100円程度ですし、198円くらい?でかなりでかいサラダチキンが買えるじゃないですか。

品物選びを工夫すれば、高くはならないのです。

 

安いから脂っこいものを買わされるんじゃなくて、頭使わないから脂っこいものをつかまされてるんですよ。

 

モデル体型作るくらいなら、社会人だろうとダイエットジム行く必要ないでしょ

きっとあなたは、

「ダイエットしてモデルみたいな体系になりたい」とか

「細マッチョになりたい」

と考えているんじゃないでしょうか。

 

その程度だったら別にジムで器具なんか使わなくても、

自重トレーニングや自分で買える範囲のものでまかなえます。

囚人トレーニング」なんていうのもあって、これはもはやジムより高負荷なんじゃないか、ってレベル。

 

紙で買うと8900円なのですが、Kindle版はなぜか1000円!なんでこんなに安くなってるんだ?笑

この「2週間で腹凹」なんかは500円!自重トレーニングのトレーニング本は安価で充実してますね。

 

 

プッシュアップバーとかも1000円ちょっとですし

 

 

鍛えづらい背中の筋肉も、これで懸垂すれば鍛えられます。

 

腹筋ローラーなんて、初心者なら10回で死ねるぞ!

 

これだけ集めれば、ひと通りのトレーニングはできてしまうんですよ。

 

自己管理できないなら、一緒にダイエットする社会人の仲間を作ればいい。

あなたもほんとは気づいてるんだと思いますが、

ダイエットに大金かける人って、ようは自己管理できてないだけなんですよね。社会人なのに

お金の力でケツをたたいてもらってるだけ。

ダイエットジムの料金って、ほぼこの自己管理の代行料みたいなもんじゃないですか。

だとすれば、友人や家族にケツをたたいてもらえば節約できるってことですよ。

まわりにもいるんじゃないですか?ダイエットしたいと思ってる社会人。

一緒にやればモチベーションが維持できます。

自分で「今日はさぼろうかなー」と思ってても、相手に「行くよ!」って言われたら行くしかないですからね。

お互いがいい強制力なります。

 

お金で無理やり引き出したモチベーションはすぐにとぎれてしまいますが、

人間同士で作ったモチベーションは長続きします。

達成感を分かち合えるからね。

 

 

さとし』のまとめ

ジムでダイエットにはげむ社会人は公共事業をしてる!っていうのは、われながら良い発見だと思います。笑

ダイエット中の社会人のあなたは、今日のブログ、読んでてイライラいたんじゃないですか?

今回は心を鬼にして、あなたのケツをたたいてみました。煽ってみました。

イライラしたならチャンスです。その悔しさをバネに早速トライしてみてください。

何度も言いますが、ダイエットしてモデル体型や細マッチョになるだけなら、用具なんて安価で十分

上に挙げたような、最低限必要なものをサクッと買って、仲間と協力すれば確実に成果が出ます。続けさえすればいいのです。

 

んで、ここまで言っても何も行動しないなら、もうそれは「痩せる気がない」んですよ。

ダイエットジムの値段が問題なのではなく、自分自身の問題

あきらめて、今日もおとなしく居酒屋にお金払って脂肪を蓄えましょう。

蓄えれば蓄えるほど、ダイエットジムへの支払額も増えて、経済がまわりますから。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク