佐野の「手打ちそばかみやま」は神!遠くても行かなきゃ損!

佐野のアウトレットに来て、近くで飯を済ませてばかり?もったいな!

わざわざ佐野まで来てなんで?

って感じることがあるので、佐野に来たら一度は行くべき名店を紹介します。

IMG_5302

佐野最果ての地にありながらいつも満員!「手打ちそば かみやま」

どうせ遠出してきたんなら、とことん冒険したほうが楽しいですよ。

そう、たとえインターからクルマで小1時間かかろうとも!!

スクリーンショット 2016-04-26 19.23.18

これ、スタートもゴールも佐野市内ですw

なんでそんな山奥に店かまえてるんだ?!と突っ込みどころ満載ですが、

細けえこたぁいいんだよ。

 

佐野の「手打ちそば かみやま」へ実際に行ってみたよ。

と、とおい。。。

この時点ですでに出発から40分。まったく店がある気配がありません。

s_ファイル 2016-04-26 18 37 26

というか、

 

家がどんどん減っていく。

 

佐野市はだいぶ田舎町ですが、その中でもこの地域はとくに人口減少が著しい地区です。

夜は気をつけないと、けものたちとの接触事故を起こしてしまう場所です。ひい。

 

んで、さらに10分。

 

やっと看板見えてきた!

s_ファイル 2016-04-26 18 36 47

あと2分だって!もうすこし!

思わず、ふうっと気合いを入れ直し、進んでいきます。

 

そして。

 

お?

s_ファイル 2016-04-26 18 36 31

 

おお?

s_ファイル 2016-04-26 18 35 52

 

おおお!!

s_ファイル 2016-04-26 18 26 05

 

ついたーー!!

お待たせしました。ここが佐野が誇るそばの名店「手打ちそば かみやま」です。

いやあ、ここまでの道のりは長かった。

佐野市内を縦断するとこんなにかかるのかと驚きですな。

 

この日は平日。しかも11時台にも関わらず、すでにたくさんのクルマが駐まっていました。

みんな、そばへの情熱すげえな。

 

古民家をリノベしたのか、概観は古き良き和風建築。

s_ファイル 2016-04-26 18 35 26

入り口もこざっぱりとしてうつくしい。

s_ファイル 2016-04-26 18 34 34

なんかムダに緊張しながら中に入りました。

 

古民家をリノベした店内は、何部屋にもわかれていて、ひろびろしてました。

今回は広い座敷のある部屋に座りました。

s_ファイル 2016-04-26 18 27 18

ううだめだ、はやく食べたい。

メニューがしゃれてる。

s_ファイル 2016-04-26 18 29 36

「手打ちそば かみやま」は田舎そばがウリ。

「葉わさびそば」が気になったのでこちらを注文。

s_ファイル 2016-04-26 18 28 03

お腹のへりすぎたぼくは、サイドメニューにも手を伸ばしました。

s_ファイル 2016-04-26 18 28 42

ん?「やわらかカニのそば粉揚げ」、だと・・・?

s_ファイル 2016-04-26 18 28 27

カニがやわらかいっていうのが想像できなかったのでこちらもチョイス。

さらに「かも焼」も注文。

待ってる間にメニューをながめる。

なにげに酒類も充実してますね。佐野の地酒もおいてあります。

s_ファイル 2016-04-26 18 30 52

飲みたくなる。

ん?でも帰りどうすればいいんだ?w

 

 

 

 

そうこうしているうちに、葉わさびそば到着。

s_IMG_5186 (1)

 

見よ!これが佐野の名店「手打ちそば かみやま」のそばだ!

IMG_5302

田舎そばなので、そばの香りがしっかりします。

でも、特有のざらついた感じが少なく、さっぱりと食べられる。

つゆはやや甘めのまろやかな味わい。

味の濃さは、江戸前そばのように「麺の半分だけつゆを付ける」のではなく、

「全部付け」してもちょうどいいくらいです。

葉わさびのやわらかい辛みと相性が良い。

いやぁ、これは遠くまで来たかいがあったわー。

 

で、カニが登場。

あ、手乗りサイズだった!

s_IMG_5177

ホントだ!

表面はカリッとしていて、中は柔らかい身が詰まってますね(←まんまじゃねえか)

表面の食感は、桜エビの感じに近いかなー。さくっとした感じ。

そば粉が衣なので、脂っこさは感じません。素揚げに近いかも。

うまい。

 

「かも焼き」もジューシー。

IMG_5300

かもとねぎの組合わせ考えた人って天才だと思う。

ものすごーーくお酒がほしくなりました。

 

じつは、けっこうメディアで紹介されてます。

佐野の「手打ちそば かみやま」は、メディアにもちょいちょい取り上げられてます。

 

 

 

 

佐野の「手打ちそば かみやま」に行くなら必ず早めの時間で。

何度も言いますが、とおくても行くだけの価値はありますよ。

ただし!平日でもお昼時は行列できるほどなので、いくなら絶対早めにいきましょう。

佐野アウトレットついでなら、むしろ

かみやま⇒アウトレットの流れのほうがいいんじゃないでしょうか。

そして、山に囲まれた中(沢という)をクルマで40分以上走ることになります。

ちょっと不安になるかもです。

だがしかし!

たとえ家がへっても、道を間違えているわけではありません。

自分とナビを信じて前に進んでください。あきらめんなよ!

 

お酒を飲むときは飲まない人と一緒に行こう。せこいけど。

自分のクルマ以外の選択肢はバス。ただし、本数がめっちゃ少ないです。

タクシーで行くこともできますが、片道1万円ちょっと(深夜料金抜き)かかる!

しかも、帰りは呼ぶことになるのでさらに料金とられる!

じゃあいくなって話なんですが。

交通費かけたくない、けどどうしても飲みたいという贅沢な方は

飲まない人にクルマを出してもらうことをおすすめします(せこい)

行きは運転してあげるとか、食事代をおごってあげるとかで交渉してくださいな。

 

佐野の名店「手打ちそば かみやま」の詳細情報

場所

栃木県佐野市秋山町305

TEL

0283-87-0036

営業時間

定休日 : 毎週木曜日
営業時間 : 11:00〜18:00

website

http://www.kamiyama-soba.com/

The following two tabs change content below.
さとし』

さとし』

わけあってフルタイム労働できなくなり、自由な働き方を実践する複業家になりました。ブログ”青い熱量。”を運営、スマホ写真家、暗号通貨に投資したりして過ごしてます。黒歴史つくりながら前に進む日々。

 詳しいプロフィール(黒歴史)はこちら!
 Twitterフォローしてね!
 さとし』に直接質問できるLINE@はこちら!