スマホでメモは失礼だ?え、あなたの周りは石器時代なの?

いまだに言う人いるんですねー。

スポンサーリンク

「スマホ開いてたら遊んでる」っていう発想が貧相。

というか、時代関係なく何にも失礼な部分ないでしょう。

むしろ、「スマホを開く=ゲームやネットで遊んでる」みたいな思考回路のほうが問題です。

仮に会話中にスマホで遊ぶような人がいたとしたら、その人は紙のメモを渡したところで、ラクガキして遊ぶと思いますよ。

 

わざわざ情報をまとめる上で非合理的な紙を使う意味ある?

そもそも、メモって情報を記録しておくことが目的ですよね?

別に紙に書く必要なんてないんですよ。

紙に書くというのは手段です。動作自体になんの意味もありません。

違う!お客さまに印象が良くないだろ!みたいな意見も出そうですが、

そんなところまでいちいち細かい上に前時代的な客なんて、クレーマー予備軍です。

こちらがマイナーチェンジするたびに、いちいちクレームが入るんじゃないでしょうかね。

あえて反対意見をもらいたいのなら、いいかもしれませんが。

スポンサーリンク

つーか冷静に考えて、スマホの方が合理的じゃないですか?

予測変換とかあるから記録するスピードが圧倒的に速いし、紙みたいにいちいち清書しなくてもすぐ編集できるし、コピー取らなくてもすぐに共有できて無駄なコストかからないし。

教える側も「後でググれ」じゃなくて「今すぐググれ」って言える。

絶望的なまでにメモがニガテなら、レコーダーで音声記録することもできるんですよ。

あとは写真撮るとかね。

どう考えても合理的です。

机の上にスマホ置いておかない方が不思議です。

スマホでメモは失礼だ!って人は非合理性に価値を持たせちゃってるんですよね。

ほら、スマホだとなんか動きがちっちゃいじゃないですか。

メモだと、1文字1文字書くのにムダな時間がかかるから、なんか「頑張ってる感」が出るんですよ。

あれですね、YouTube見ながらダラダラ残業してる人を「アイツは頑張ってる」みたいに錯覚するのと同じですね。

 

文句いう人は、変化に対応できない人。

つきつめると、失礼だとか言い出す人って、見慣れない状況を受け入れられないんでしょうね。

自分が受け入れる手間より、相手を否定する方がラクだから。

歳とると、新しいことへ順応するのに時間がかかるようになるようです。

そうなると、新しいことを受け入れるよりも、否定して変化させないに力を入れるようになります。

どういうわけか、変化しないことに対してだけは頑固になれる人が多いようなんです。

とりあえず「最近の若いのは〜」って言っておけば、信念貫いてるおっさん風に見える(と本人は思っている)。

で、実際のところ、人はこれを「老害」と呼んでいるわけなんですが。

スマホにすべきだ!って断言する気はありません。

「どっちでも、やりやすい方でいいじゃねえか。」

ってことなんですよ。合理的なのはスマホですけどね。

あとは、妥協して電子メモくらいじゃないですかね

 

今後は、もっといろんなことを一つのデバイスに集約できるようになっていきます。

営業の人も、バッグを持ち歩く習慣もなくなるんじゃないかなー。いつでも片手がふさがるのって危ないもの。

そのうち対面営業自体、減る気もするし。

 

まだまだ、世の中には「非合理的だけど惰性で残っちゃってる習慣」がありまくりですよね。

かくいうわたしも無意識にすり込まれてること多そうだから、注意しておかねば。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
さとし』

さとし』

わけあってフルタイム労働できなくなり、自由な働き方を実践する複業家になりました。ブログ”青い熱量。”を運営、スマホ写真家、暗号通貨に投資したりして過ごしてます。黒歴史つくりながら前に進む日々。

 詳しいプロフィール(黒歴史)はこちら!
 Twitterフォローしてね!
 さとし』に直接質問できるLINE@はこちら!