場所に縛られると、意図せず視野が狭まる。

ぼくは、いま田舎に住んでいますけど、べつに意地でもここに住むんだ!っていう気持ちはありません。

むしろ、場所に縛り付けられたくないです。

 

だって地縛霊じゃないんだし。

 

場所に拘束された環境にいたら、

どこに住んでいてもやっぱり不便だと思うんですよね。

 

それに、環境に人間は左右されるので、

考え方も偏るようになってしまうのがいやです。

ただでさえ、日本に生まれ育ったことで

日本人気質は身についてしまっているのです。

これでさらに地域特性まで身につけてしまったら、

意図せずとも視野の狭い人間になってしまうのではないかと。

 

もちろん、ネットで情報を集めればかなりの情報を集められる時代ではあります。

でもやっぱり限界はあって、リアル世界特有の「空気感」までは手に入らないんです。

 

情報はあくまで情報であって、皮膚感覚で感じられるものではない。

当たり前だけど、旅行の行き先をパンフレットで見て、

その全てを感じ取るなんてムリですもんね。

 

単純に情報だけを得ると、人は世界を見たいようにしか見ません

とくに、ネットやメディアを通した情報は少なからず、

誰かの解釈の上に成り立っているもの

なので、なおさらです。

特定の人から与えられた情報だけで知ったふりをしてしまうと、

自分にその気がなくても洗脳されていってしまうんです。

これは心がけの問題ではないのです。

限られた情報しかない空間から飛び出してはじめて

あー、あれって偏った考えだったんだな。

って気づくんです。

 

そんなわけでぼくは、場所にとらわれたくありません。

ここにいると新しいものが吸収できるな、って感じる間だけ、その場にとどまれればいいのです。

その方が思考の広がりが持てる。

多分ぼくは不器用なので、心がけだけじゃどうしようもないんでしょう。

うん、やっぱりどこに根ざすわけでもなく、浮き草みたいに過ごしていきたい。

はやく地面にへばりついている根っこを切り捨てなければ。

 

The following two tabs change content below.
さとし』

さとし』

わけあってフルタイム労働できなくなり、自由な働き方を実践する複業家になりました。ブログ”青い熱量。”を運営、スマホ写真家、暗号通貨に投資したりして過ごしてます。黒歴史つくりながら前に進む日々。

 詳しいプロフィール(黒歴史)はこちら!
 Twitterフォローしてね!
 さとし』に直接質問できるLINE@はこちら!